8/23 倉沢大樹LIVE AT MIKI

2015
08/28

8月23日、倉沢大樹LIVE AT MIKIが行われました。
毎回、大好評の“倉沢JAZZ”ライブとあって、会場は開演前からすごい熱気。
客席からは、盛大な拍手とペンライトを振りながら「倉沢さ〜ん♪」の呼びかけが!
少し照れながら登場された倉沢大樹さん。
今回は、02シリーズが発売されてから2回目のLIVE AT MIKI。進化するエレクトーンの魅力満載に、ジャズの醍醐味をたっぷり味わわせて下さいました。
そして嬉しい事に、間もなく発売される新刊曲集から、ひと足早い新曲の披露も!ファンの期待を超える大満足のライブでした。

M1 Everything come up Roses

オープニングは、アップテンポのビッグバンド。ブラスのキレが最高に心地良く、4ビートの速いベースさばきにほれぼれしてしまいました。

M2 君をのせて

先ほどと打って変わって、クールでお洒落なサウンド。アフロキューバン風のリズムにのせて、おなじみのメロディーがシックに変身。まるで魔法のようなアレンジが新鮮でカッコ良かったです。

M3 ユー・アー・マイ・サンシャイン・オブ・マイ・ライフ

(新刊曲集から)
スティービー・ワンダーの代表曲を、ハーモニカをフューチャーして爽やかなボサノバアレンジに。目を閉じて聴くと、実際にハーモニカを吹いている音かと思ってしまうほどリアルでした。
倉沢さんいわく「今回の曲集は、02シリーズで良い音を届けたい!と、こだわりにこだわった曲集になっているので、是非皆さんに弾いてほしい!」との事。発売が楽しみです。

M4 リカド・ボサノバ

倉沢さんの代表曲。デビュー前の大学2年生の時から、この曲を演奏されていたそうです。情熱的なピアノに客席もヒートアップ、盛大な拍手が湧き上がりました。

M5 シルク

ピアニカ演奏で♪ニューヨーク、マンハッタンの夜景をイメージした曲だそうです。洗練されたメロディーがステキでした。

M6 オール・ザ・シングス・ユーアー

ピアノとビブラフォンのシンプルな構成で。構成はシンプルでもそこは倉沢さん、次から次へとあふれ出る熱いアドリブフレーズで客席を飽きさせません。ジェローム・カン作曲のこの曲は、1コーラスの中で何度も転調を繰り返す難曲。さすが倉沢さん、圧巻の演奏でした。

M7 エリーゼのために

(新刊曲集から)
熱帯JAZZ楽団風のラテンアレンジに。02シリーズならでは!フルートフラッター音が効いていて、とても華やかなナンバーでした。

M8 フェアリーテイル

ギターのソロから始まる軽快なサンバ。スピード感があって、爽やかな風が吹き抜けるようでした。

M9 刑事メドレー

昨年の“アナと雪の女王”メドレーにひき続き、今年は“刑事”メドレーで。13曲を盛り込んだ、14分近くの大メドレー。今後、7〜8分の短縮バージョンを作るそうで、今日の演奏の1曲ごとの拍手の大きさで、生き残る!?曲を決めることに。定番のルパンで始まり、様々な年代の曲が入っていて楽しかったです。残る曲はどの曲か…今後のライブも楽しみです。

M10 シング・シング・シング

ラストはおなじみのビッグバンド。手拍子も一段と大きく、客席も一体となって盛り上がりました。熱い演奏に、感激の拍手がいつまでも鳴り止みませんでした。

Enc NewYork NewYork

アンコールは、倉沢さんが大好きな街の曲を。ミュージカルのオープニングを思わせる始まりから、スケールの大きなオーケストラスイングに。
そして、最大の盛り上がりでなんと倉沢さんの歌声が!!とても素敵な歌声で、サプライズ演出に大興奮のラストとなりました。

ライブ終了後、「かっこ良かった!」「楽しかった〜」とのお声をたくさんいただきました。サイン会も、興奮冷めぬファンの皆様でたいへんな盛り上がりに。ライブのエネルギーを浴びて、パワーが湧いてきたような感覚…音楽ってやっぱり最高です!次のライブが今から待ち遠しいです。

P1700186

P1700200

P1700208

P1700213

倉沢大樹さんご出演決定!
2016三木楽器スペシャルコンサート詳細

▼▼▼発売中のLIVE AT MIKI▼▼▼

9/26中野正英LIVE AT MIKI
10/25窪田宏LIVE AT MIKI(SOLD OUT)
11/29加曽利康之LIVE AT MIKI