2・16 鳥居達子LIVE AT MIKI Lポート

2014
02/20

春の訪れが恋しい今日この頃、みなさま元気にお過ごしですか?外はまだまだ寒〜いので、どうぞ風邪などひかれませんようにお気をつけ下さいませ。

さて、先日2月16日、今年度のLIVE AT MIKIが鳥居達子さんの華々しいステージで幕を開けました。いつもバラエティに富んだナンバーを用意して下さる鳥居さん、この日も色々なタイプの曲を演奏して下さり、大いに私たちを楽しませてくれました。

The Theme of 半沢直樹
オープニングは堺雅人の迫真の演技で人気を呼んだTVドラマ『半沢直樹』からドラマを彷彿とさせるような躍動感溢れるテーマ曲からスタート。


fantasyメドレー(ディズニーメドレー)

タイトル通り、ファンタスティック感たっぷりのメドレー。トップはメロディーラインが美しいバラードホールニューワールド、ハープの音色が夢の世界へと誘う夢はひそかに、ブロードウェイミュージカル調で始まったアリス・イン・ワンダーランドはラストを花火で派手に飾り、ディズニーの世界へと引き込まれました。


海のノスタルジア

北の海のきびしい所からまるで復興するような曲。
悲しい感じですが、最後は明るい未来に向かって・・・・そんなイメージの曲でした。


Voyage

リズミカルなギターからスタートして、壮大な海へと繰り出して、、、、目的地にたどり着いてほしいという鳥居さんからの温かなメッセージソング


ハンガリアン・ラプソディー

偉大なる作曲家リストがピアノで作った曲。
目を閉じると本物のオーケストラのように色々な楽器が次々と聴こえてくる圧巻の一曲。


Back To The Future

20年以上前?エレクトーンが斬新に変化した時代、HSシリーズのステージモデル、HX-1発売時に披露したという思い入れのある曲だとか。タイムスリップがテーマになった迫力の映画さながらの演奏に興奮しました。


即興(会場からお題(音)をいただいて。)

ラ、シ、ファ、ソ#、ミ、、、、まずはエレクトーンでストリングスの音をメインに演奏し(録音し)、録音した音に合わせてピアノでアンサンブルという、一人二役?!すばらしい即興演奏でした。


赤いスイトピー

鳥居達子さんが10代の頃に流行っていたという有名すぎるジャパニーズポップスを見事にオーケストラアレンジして。

Tombo in 7/4(セブン・フォー)
アイアート・モレイラの名曲で、7/4(セブン・フォー)という変拍子が特徴的なナンバー。
ラテンの軽快なリズム&こだわりのオルガンサウンドがカッコイイ1曲でした。


The Good Earth(大地の曲)

何事にも目標を持って、前に向かって進むことの大切さを感じさせてくれる深〜い一曲。
鳥居さんの思いが伝わります。

エル・クンバンチェロ(Enc)
プエルトリコの作曲家、ラファエル・エルナンデスの代表曲で、ラテンナンバーの代表曲でもある。
オルガンサウンドを中心に軽快なテンポが心地いい、とってもご機嫌なアンコールナンバーでした。

▼ピンクのトップス&レザーパンツというハード&スイートな鳥居さんの定番スタイルで登場。

P1550320.JPGのサムネール画像
P1550300.JPGのサムネール画像
P1550295.JPGのサムネール画像
P1550293.JPGのサムネール画像

さて、いよいよ来月は三木楽器のスペシャルコンサート『Love Songs〜愛の輪をつなげ』が開催となります。春の訪れに相応しく、心洗われるプログラムで皆様をお迎えします。
3/2  サンケイブリーゼ 『Love Songs〜愛の輪をつなげ』 ※1F席完売/2F席ございます。
▼その他、只今発売中のチケット
3/30 LIVE AT MIKI     窪田宏『HIROSHI  KUBOTAⅡ』公開講座 好評発売中
5/25 LIVE AT MIKI  鷹野雅史LIVE AT MIKI  2/20〜発売開始
5/18 フェニックスホール ジル・ヴォンサッテルピアノリサイタル 2/20〜発売開始