9/29 尾野カオル LIVE AT MIKI レポート

2013
09/30

残暑も落ち着き、秋へと変わるこの時期、風邪をひいている方をちらほらとお見かけしますが、皆様、体調にはどうぞ、お気をつけ下さいませ。
さて、先週9/29、LIVE AT MIKI には、久々に尾野カオルさんが登場です。
ソロライヴ自体久しぶりということで、遠方からもたくさんのファンの方にお越し頂きました。(ありがとうございました。)
クラブジャズにブラジリアンやヒップホップのテイストを取り入れた尾野さんのナンバーで、とびきりお洒落でモードな90分を過ごしました。

ビートの効いたリズムが鳴り始め、オープニング曲B.d.Nがスタート。
いい感じにかすれたパンフルートの音色が右脳を刺激します。
MCなしで始まった2曲目は、3rdアルバムから、ベースパターンが印象的なTraquilizer
スタイリッシュで渋い!!

さて、この日の尾野カオルさんは。。。
月刊エレクトーンの撮影でも使用したという秋らしいジャケットに黒のハットで、ちょっとモードな感じ。(さすがオシャレです。)
MCでひと呼吸したあとは、ジブリの名曲から風のとおり道 を得意のハウスバージョンで。
徐々に会場のテンションもUP! 立見のお客様はDancing!着席しているお客様も体でビートを感じながら、尾野サウンドを満喫してる感じ。

この日のライヴではカバーがなんと5曲!
風のとおり道の他にもルパン三世 愛のテーマやガーシュインのSummer Timeなど、名曲を尾野さん独特のテイストでアレンジ。
Summer Timeはミュートトランペットのアドリブのカッコ良さ、メロディを引き立たせる歯切れのいいピアノのバッキングに惚れ惚れし、ルパンのバラードではテーマの甘いミュートトランペット〜得意のエレピ、サビから入る左手の透き通るようなストリングスの音色に酔いしれ、それはもう、”アニメのルパンのテーマ曲”という肩書きを外れ、しっとりと、憂う時間を愉しむ大人ムードたっぷりのオリジナルにさえ感じます。

この日のラストはLiquid Sky
尾野ブラスとでもいいましょうか、尾野さんならではのクールなブラスに、みんなノリノリ!
Dancing&エキサイティング!

アンコールはボサノヴァの名曲トリステーザをまたもやお洒落に料理!
しかも、このナンバー、普段のライヴでは弾く事がないというから、超プレミアム!
そしてどこまでもオシャレ〜!

さて、尾野さんには欠かせないエレピの音、どの曲にも使われていましたが、曲やフレーズによって音質が微妙に違って、その使い分けがとにかくお洒落。
主張しすぎないエレピの音をさらりと、でもちゃんとスパイスにもなってて、、、、都会的でクールだったり、真逆にノスタルジックだったり、女性的だったり、男性的な甘さがあったり、、、私もこんなにステキにエレピの音を操りたい、、、なんてライヴを聴きながら、10年早い夢を描いておりました。

P1500345.JPG
P1500325.JPG
P1500342.JPG
P1500351.JPG

ライヴ後の即売会ではCDを買い求める方の列が。。。
尾野さん、次のアルバムも期待してます。

■■■尾野カオル LIVE AT MIKI■■■
M1  B.d.N
M2  Tranquilizer
M3  風のとおり道
M4  Future Lounge’71
M5  I BELIEVE IN MIRACLES
M6  While Waiting for…
M7  Summer Time 
M8  Jazz Affect
M9  ルパン三世 愛のテーマ
M10 Liquid Sky
M11 トリステーザ(Enc)
41Y-R-vHLXL._SL500_AA300_.jpg

★尾野カオル3rdアルバム/Music Tranquilizerは、ハーモニーパーク心斎橋でも好評取扱中です。