三木楽器の歴史

三木楽器の歴史

三木楽器本社社屋

登録有形文化財登録証

三木楽器の創業は1825年。現存する最古の楽器店といわれています。本社屋である「開成館」は平成9年に登録有形文化財に指定されました。
バイオリン指南書、教育唱歌集、鉄道唱歌、コールユーブンゲン、進行曲粋など音楽書の出版を続け、山田耕筰をはじめ、歴史的名高い音楽家による講習会を開催するなど、日本の音楽教育の牽引役を務めてまいりました。
楽器販売だけでなく教室運営にも積極的に取り組み、ピアノ・エレクトーンの直営教室は大阪・奈良を中心にレッスンを展開、生徒数は10,000名を超え、関連会場も300を超える大規模な展開をしております。

音楽会に貢献

大正時代には、現在でもコーラスの練習に必携の書とされている「コールユーブンゲン」や「進行曲粋」の翻訳出版権を獲得し、音楽界に大きく貢献することとなりました。

最古の楽器店

大正14年には三木楽器本社屋「開成館」が竣工され、東京音楽学校レーベエ夫人や荻原栄一など、多数の教育家や音楽家を招いて華やかに創業100周年が祝われました。また、貴志康一がここで提琴家デビューを飾ったという歴史もあります。

明治〜昭和初期

三木楽器は2015年、創業190年を迎えました