ELECTONE CONCERT

エレクトーンコンサート

2017.3.5

【MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2017「Complete Hour」】

  • サンケイホールブリーゼ
  • 三木楽器
  • 鷹野雅史、倉沢大樹、富岡ヤスヤ、窪田宏 [special featuring Miyuki、Eyes']

Photo by 田中大造

こんなにお得感あふれるコンサートがあっただろうか?

満席で期待が高まるなか、まずは鷹野雅史指揮(演奏)による"STAGEA PHILHARMONY"。オーケストラチューニングで始まった〈Field View〉で、豪華な"オーケストラのコンサート"の幕開けだ。《ソナチネ》より第1楽章ではアニメ映画のような世界を、続く壮厳序曲〈1812年〉ではそのストーリー展開を大砲の音まで鮮やかに再現。締めくくりの《威風堂々》第1番まで、壮大なオーケストラサウンドが繰り出された。

ここで2番手の倉沢大樹にバトンタッチ。このステージのための新アレンジ2曲を含むプログラムで今度はジャズを堪能。〈ウエスト・サイド・ストーリー〉では、ハイブローなビッグバンドサウンドに、ミディアムブルース〈Jet Song〉や、高速4ビートの〈I Feel Pretty〉など盛りだくさんなメドレーを披露。〈Smile〉では対照的にギターとストリングスの甘美なバラードで魅了し、真骨頂のラテンジャズコンボ〈Caravan〉で迫力のステージを締める。

するとステージ奥からブルースハープの音が……。パフォーマーyaSyaこと富岡ヤスヤの登場だ。ファンキーな〈Pick Up The Pieces〉で、頭から観客の手拍子が加わる。本人とSTAGEAによるボイスパーカッションも飛び出し、ノンストップでヒップホップバラードが印象的な〈This Masquerade〉や、トランス感の入ったオリジナル曲〈Sword Line〉へとなだれ込み、yaSyaワールドが炸裂した。

Miyuki、Eyes'のボーカリストふたりとともに登場したのは、窪田宏。〈Rhythm Boxer〉から、すでに熱気を帯びた観客を一気に最高潮へと導く。〈Chance〉での女性ラップ、ラストの〈Vocalize〉まで、ジャンルはまさに"Hiroshi K."! ELS-02シリーズのサウンドとボーカルが融合したダンサブルなステージは、観客のコーラスも加わり会場がひとつに!

本編終了後は全員がふたたびステージに戻りトークタイム。MC窪田のツッコミに出演者が応戦(?)し、爆笑のままアンコール曲〈My House Your House〉で幕を閉じた。

4人のプレイヤーの繰り出すさまざまなジャンル。一度にそれら堪能できた、Complete!! な時間だった。

Written by 中川深捺

協力 月刊エレクトーン

プログラム

    • Field View
    • 《ソナチネ》より第1楽章
    • 荘厳序曲〈1812年〉より/P.I.チャイコフスキー
    • 《威風堂々》より第1番/E.エルガー
    • ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー/L.バーンスタイン
    • Smile/C.チャップリン
    • Caravan/D.エリントン、J.ティゾール
    • Pick Up The Pieces/Average White Band
    • This Masquerade/L.ラッセル
    • Sword Line
    • Rhythm Boxer
    • Chance
    • Vocalize
    • Enc.My House Your House:窪田宏
loading