ELECTONE CONCERT

エレクトーンコンサート

2008.3.2

【Special Live in OSAKA “COMBINATION”】

  • 大阪厚生年金会館芸術ホール
  • 三木楽器
  • 窪田宏 高田和泉 鷹野雅史 富岡ヤスヤ ブレンダ・ボーン(vo)

あふれ出る5人のパフォーマンスは大阪の夜を熱くする!!

コンサートオープニング。ステージと場内が暗くなる。一瞬の静寂の後、照明がまばゆくステージを照らし、窪田宏がいきなりの登場!

立て続けに2曲、熱いダンスチューンを。自ら志願して今年はトップバッターを務め、会場の空気を一気に上げた。さらにヒットナンバー「パイレーツ・オブ・カリビアン」を3台のD-DECKを縦横無尽に駆使しダンスMIXで演奏。サイバーシティーのクラブに迷い込んだような既視感を残しつつ、高田和泉へ。

マレーシアの澄み渡る空(「Road to the sky」)、軽快なサンバのリズムが流れるカラフルな南国(「a-live」)、ドロドロな昼ドラ風(笑)恋愛の葛藤と情熱の象徴スペインの夕日(新曲「哀愁のアンダルシア」)。高田が見せてくれた音楽の情景は、心の中に描く風景だ。

3番手は鷹野雅史。彼の音楽はそこにオーケストラの奏者が見えるようで、演奏することの喜びがはちきれんばかり。なかでも圧倒的なピアノ付きSTAGEAフィルハーモニー「Rhapsody in Blue」は、ひとりオーケストラの醍醐味をいかんなく発揮した。

鷹野&富岡の"お楽しみタイム"を挟み、D-DECKに向かった富岡ヤスヤ。トークでのひょうきんキャラとは別に、彼が音楽で見せるのは、"熱き心"。爆発する叫び、そして、愛・・・。ブレンダ・ボーンを迎えたラストナンバーは、スケールの大きなミディアム・ロックの「Jurney to love」。会場全体が手拍子で揺れるなか、ブレンダの愛にあふれる詩の世界とあいまって、深い感動が観客の心を包んだ。

5人の出演者による見事な"コンビネーション"ライヴはアンコールで更に盛り上がり、オールスタンディング!華やかに幕を閉じたのだった。

アンコールでは、三木楽器のコンサートならではの最高の演出で、「lsn't she lovely」を全員で演奏。窪田、富岡、鷹野の旧友トリオが、狭いD-DECKブースに固まった(笑)。

プログラム

  • Funky D Town / Perfect Games / パイレーツ・ダンスMIX
  • Road to the Sky / a-live / 哀愁のアンダルシア
  • ラグタイム・メドレー / 風が教えてくれたこと / Rhapsody in Blue
  • 絶対キャベツ / J's Vibration / Just wait awhile(w/ブレンダ・ボーン) / Journey to love(w/ブレンダ・ボーン)
  • Isn't she lovely
loading