9/28 加曽利康之LIVE AT MIKI

2014
09/29

秋の風がさわやかな9月28日、LIVE AT MIKIには不動の人気を誇る加曽利康之さんが登場です。
今年3月の三木楽器スペシャルコンサート”Love Songs〜愛の輪をつなげ”でも素晴らしい演奏を披露し、その人気の高さを見せてくれました。この日はオール加曽利さん!LIVE AT MIKIにつめかけたファンの期待に応えるように、熱いライヴを繰り広げて下さいました。

M1 Some Day My Prince Will Come(いつか王子様が)
リズミカルなラテンビッグバンドフレーバー、それでいて原曲の雰囲気もしっかりと。まさにオープニングにふさわしい1曲。

M2 Trust My Star
アルバム『Stund by U』からの1曲。
ELS-02シリーズの中で、最も気に入っている音色”Sボイスのナイロンギター1”を使って。
鍵盤でここまでアコースティックギターらしさを表現できるのかと感心するほど、すばらしいテクニックに脱帽!でした。

M3 線路は続くよどこまでも〜Boys Be Ambitious Orchestra〜
有名すぎるこの曲、加曽利さんの演奏で聴くと、とてつもない世界観がそこに現れます。アメリカ大陸横断、西海岸から東海岸へと、ドラマティックに壮大に、めくるめく冒険ファンタジーを堪能しました。

M4 ドンパン節<和風オーケストラ>
和楽器とオーケストラのコラボが面白い一曲。6月の中国公演でも大好評だったというこの曲、ベースには三味線2を使い、よりリアルな音が鳴り響いて、、、。
ベースラインの速さにも驚き、迫力満点、とてもスケールの大きな曲でした。

M5 Improvisation Ⅰ 即興演奏
客席の5名の方に5音(ファ、シ、♭ミ、ラ、ド)を頂き、その場でレジストをセッティング、リズムはノリのいいR&B風。とても即興とは思えない完成度の高い曲として披露してくれました。

M6 Improvisation Ⅱ 即興演奏
さきほどの即興演奏をさらに進化させ、、、MDRに録音していた先程の即興曲を再生しながら、加曽利さんが生ピアノでコラボ!なんとも貴重なシーン、会場からも『わぁ〜素晴らしい!』の歓声が!
アンビリーバブル!!

M7 Everything
アーティストMISIAの超有名なナンバーを、お気に入りのサックスを使って!
原曲に忠実なアレンジ、サウンド、サックス奏者とのデュオを思わせるような、楽器の特長を鍵盤で丁寧に表現した極上スウィートバラード。一音一音とても丁寧に弾かれる姿が印象的でした。

M8 Father’s Eyes
亡きお父様を偲んで書き下ろされた一曲。
”父親の目”から見た我が子への想いがひしひしと伝わる名バラード。思わず涙が、、、、。

M9 ケルティックロマンス
ユーレイズミーアップ〜ロンドンデリーエア〜ケルト色に包まれたストーリーのある曲。
”ユーレイズミーアップ”と言えば、思い起こすのは荒川静香さんのフィギュアスケートでの優美な舞。
まるで自分がスケーターになったみたいに、、、。

M10 明日に架ける橋〜version 02〜
ELS-02シリーズの機能をふんだんに使い尽くして出来た曲。
新しい音色や機能を駆使した一曲にブラボー!

Enc: ラバーマン
ブラスとオルガンの歯切れよいサウンドがアンコールの会場を沸かせてくれます。自然と手拍子が起こり、やがてステージと客席が一体に。アンコールにふさわしいご機嫌なナンバーでした。
P1600708.JPG
P1600717.JPG
P1600702.JPG
P1600740.JPG
P1600751.JPG

この日は真っ白のシャツにウォッシュの効いたジーンズでさわやかな装いの加曽利さん。ライヴ後はスタッフと一緒に写真を撮らせて頂きました。

<只今発売中LIVE AT MIKIチケット>
11/30 尾野カオルLIVE AT MIKI  クラブサウンドでオシャレにゴージャスに!
12/28 富岡ヤスヤLIVE AT MIKI  2014年もロックな笑いで締めませんか?
好評発売中です。

▶2015エレクトーンスペシャルコンサート『PRIME TIME』チケット10月19日より発売します。

 

 

三木楽器講師研修「LaLaLa(ラララ)伝達研修」が実施されました。

2014
09/27

7月4日(金)三木楽器講師研修として「LaLaLa(ラララ)伝達研修」がおこなわれました。

[内容] : 「LaLaLa(ラララ)」テキストの指導法とそのポイントの解説。

[講師] : 福井聡子、山中栄子、中村美由紀(三木楽器講師)

P1590687.JPG P1590669.JPG

三木楽器がオリジナルで発行している幼児向けテキスト「LaLaLa(ラララ)」の伝達研修を実施いたしました。3人の研修担当の先生方が、それぞれ講師役、生徒役に別れて実際のレッスン風景を示しながら、指導方法とポイントを分かりやすくご説明いただきました。鍵盤演奏だけでなく手遊びや言葉遊び、リズム打ちなど、さまざまなアプローチの仕方や、テキストを活用するアイデア、どうすれば子供たちが興味を持ってくれるかというお話もいただき、大変充実した研修内容となりました。ご参加された講師の方々からも「レッスンですぐに活用できるアイデアをたくさん教えていただき、大変参考になりました。」「歌を歌ったり、体を動かしたりという教えていただいた方法を活かしながら、生徒様にもっとレッスンを楽しんでいただけるよう頑張ります。」等の感想をいただいております。

※次回は8月6日(水)バッハインベンション研修/(高垣純講師)を予定です。

 

 

三木楽器ヤマハ音楽教室では講師を募集しております。詳細は下記よりご確認くださいませ。
▶ヤマハ講師資格取得コースごあんない

▶講師募集情報

エレクトーンジャム2014三木楽器大会本選/ビルボードライブ大阪

2014
09/13

8月31日、梅田ハービスPLAZA ENT内にあるビルボードライブ大阪(旧大阪ブルーノート)にて、エレクトーンジャム2014三木楽器大会本選が行われました。ポピュラーミュージックの聖地であり、多彩なジャンルのトップアーティストが出演するクラブ&レストラン、”ビルボードライブ”。多くの皆様に支えられ9年目を迎えた今年のエレクトーンジャムでも、ビルボードライブの名に恥じない数々の熱演に出会うことができました。
 1stステージ、ファミリーならではの息の合った心温まるアンサンブルを聴かせてくれた「ウピパラズ」。2ndステージ、キレの良いサウンドでクールにトリを飾った「T.A.」。3rdステージ、目にも止まらぬ足技と個性的なパフォーマンスで観客を圧倒した「RENAIGA」。そしてラストは今年もおなじみ富岡ヤスヤさんの歌う講評!激しいビートに乗せたヤスヤさんの熱いメッセージは会場の皆さんの心にきっと届いたことでしょう。今から来年のジャムが待ち遠しい!そんな気持ちにさせてくれた今年のジャム。出演者の皆さん、観客の皆さん、素敵な笑顔と感動を本当にありがとうございました。

 

DSC00405.JPG
DSC00519.JPG
 
DSC00609.JPG

DSC00627.JPG


DSC00661.JPG


DSC00681.JPG


DSC00718.JPG


DSC00440.JPG


DSC00731.JPG


DSC00850.JPG

 

 

 

 

 

 

8/24 倉沢大樹LIVE AT MIKI

2014
09/01

夏はやっぱり倉沢ジャズ!去る8月24日、倉沢大樹LIVE AT MIKIは熱く熱く盛り上がりました。
チケットSOLD OUTで満員御礼!立見もいっぱいの会場、そこへ白と黒のムラ染めのボーダーシャツに黒パンツのクールなスタイルで倉沢さんが登場。パチパチパチ〜!!夏の花火に負けずの拍手が!
つかさず客席からは「倉沢さん!」と熱い声援も!「アイドルになったみたい」と照れる倉沢さん。
ライヴならではのこの近い感じ、、、ん!イイ。今回も盛り上がりの予感!

M1 I got rhythm
新機種ELS-02発売に合わせてインターネットでライブ配信された曲。
スキャットボイスをふんだんに使ったゴージャスなビッグバンドサウンドにオープニングからテンションがグングン上がります。

M2 リカドボサノバ
新たに搭載された音色『フルートフラッター』をフューチャー。
倉沢さんの鋭いタッチで変化するフルートのアタック音!情熱的な曲がさらに情熱的に。

M3 Nice pants
オルガンとビッグバンドのサウンドが絡み合うファンキーな一曲。
オルガンに、ギターに、と、次々とコレでもか!とたたみかけるフレーズ。倉沢さんの指に釘付けに。

M4 煙が目にしみる
曲集『HELLO!STAGEA ELS 02 Vol.3』掲載曲。
ライブ前日に急遽、演奏することを決められたのだとか。いや、いや、弾いて下さって感激です。
新音色Sテナーサックスの音色が大人のジャズバラードに映えます。思わずうっとり、、、、。

M5 ストレート・ノー・チェイサー
できたてホヤホヤの新刊『JAZZ STREAM 5』から、躍動的なメロディーとブルースのコード進行によるモダンなナンバー。
トランペットとサックスのユニゾンのフレーズがクールでおしゃれ!

M6 クルシン
今度はガラリと変わり熱いラテンナンバー。
速めのサンバのリズムにピアノ、サックスが絡んで、、、、倉沢さんのパワフルな演奏と真っ赤なライトが興奮を誘います。。。。

M7 You are my sunshine
倉沢さんのライヴでお馴染みのナンバー。
02に新たに搭載されたボイスパーカッションや「イェイ!!」などのフレーズのリズムキットを加えたアレンジに、『アレもコレもと使い過ぎちゃいました(笑)』と反省される倉沢さんでしたが、そんな事ありませんよ。新鮮な音や機能にワクワク、ノリノリで、大いに盛り上がりました。

M8 『アナと雪の女王』メドレー
え?!倉沢さんが『アナと雪の女王』?と意表をついた選曲に会場からも驚きの声が。
始まりからエンディングまで11分のメドレーは、映画のストーリーに沿った展開で進みます。繊細かつダイナミックな演奏にグググっと引き込まれ、コレは鳥肌モノでした!

M9 Sing sing sing
ラストはキレのあるブラスサウンドで熱く!コレぞ倉沢ジャズ!
会場中に鳴り響く手拍子、パワフルな演奏、最後まで目が離せませんでした。

Enc Over the rainbow
ピアノ、サックス、ストリングス、、、ジャズのバラードには外せない代表的な音色も、”02”のより洗練された音で、しっとりと大人のムード満点に。倉沢さんの気持ちよく弾かれる姿がとっても印象的でした。

みなさまは、アンコールは盛り上がり派?バラード派?去年のライヴでは、倉沢さん得意のピアニカを使った大人のバラード『In a sentimental mood』に酔いしれたのを思い出しますが、バラードでの締めくくりもオツなものだなァと、しみじみ感じてしまいました。倉沢さん、今年の夏もステキなLIVEをありがとうございました。


P1600102.JPG
P1600113.JPG
P1600119.JPG
P1600126.JPG

ファンの方にもいつも温かく応えてくださる倉沢大樹さん。

只今発売中のLIVE AT MIKIチケット
9.28 (SUN) 加曽利康之LIVE AT MIKI   ドラマティックな加曽利康之さんの世界を間近で体感して。
11.30 (SUN)尾野カオルLIVE AT MIKI 新機種の魅力全開!尾野カオルさんのグルービーなクラブサウンドでオシャレな時間を。

10.26 窪田宏LIVE AT MIKI、11.2/3 安藤禎央LIVE AT MIKIのチケットは完売致しました。みなさまには心より御礼申し上げます。

▶2015スペシャルコンサート開催が決定しました。詳細はこちらから。