三木楽器講師研修「ソルフェージュ指導法」が実施されました。

2014
04/30

 3月17日(月)三木楽器講師研修として「ソルフェージュ指導法」がおこなわれました。

[内容] : ソルフェージュ指導方法と、そのポイントの解説。

[講師] : 澤田博(奈良佐保短期大学 教授)

P1550869.JPG P1550902.JPG

楽譜を見ながら楽曲の理解や分析、またオーケストラの音源を聴き取りながら、その楽曲の特徴を理解することや和声進行の把握、正しい楽譜の書き方など幅広くご説明していただきました。聴音に関しては聴き取るだけでなく、それを歌で表現するというプロセスがとても印象的で、楽しみながら理解することが出来ました。このソルフェージュの研修で鍵盤を演奏する技術だけでなく、楽譜の理解や楽曲を正しく聴き取ることの大切さなど、幅広い音楽力が指導者にとって必要だということを改めて学ぶ事ができた、非常に充実した研修内容となりました。参加された講師の方々からも「楽譜を見ながら、楽器やモチーフのお話をして頂き、とても興味深く、改めて気付くことがありとても勉強になりました。」、「ピアノの音だけでなく、オーケストラの音を聴くことによって、しっかりと音やフレーズ感を聴き取る勉強が出来ました。」等の感想をいただいております。

※次回は5月21日(水) オルガンピアノの本・バイエルテキスト研修/(中村由美講師)を予定です。

 

 

 

三木楽器ヤマハ音楽教室では講師を募集しております。詳細は下記よりご確認くださいませ。
▶ヤマハ講師資格取得コースごあんない

▶講師募集情報

三木楽器講師研修「アンサンブル指導法」が実施されました。

2014
04/12

3月5日(水)三木楽器講師研修として「アンサンブル指導法」がおこなわれました。

[内容] : システムレッスンでのアンサンブル指導方法と、そのポイントの解説。

[講師] : 道盛利恵(三木楽器講師)

P1550686.JPG P1550693.JPG

おんがくなかよしコースからジュニア上級科でのアンサンブルの指導ポイントや、実際に参加された講師の方を交えての実演を行いながら、詳しく解説していただきました。鍵盤楽器だけでなく小物楽器を使ったアンサンブルの実演や、どうすればアンサンブルの楽しさを伝えることが出来るか、というお話もいただき、改めてアンサンブルすることの大切さや楽しさを感じる研修となりました。参加された講師の方々からも「実際のレッスン曲でご指導いただきましたので、大変勉強になりました。」「すぐに実践できる指導法がたくさんありましたので、とても参考になりました。」「アンサンブルの楽しさをレッスンで伝えられたらと思います。」等の感想をいただいております。

 

※次回は3月17日(月) ソルフェージュ指導法/(澤田博講師)を予定です。

 

 

三木楽器ヤマハ音楽教室では講師を募集しております。詳細は下記よりご確認くださいませ。
▶ヤマハ講師資格取得コースごあんない

▶講師募集情報

3/30 窪田宏パーソナルスコア公開講座

2014
04/07

3月30日、窪田宏さんのパーソナルスコア『HIROSHI  KUBOTAⅡ』の公開講座が開催されました。

『この曲集は、難易度としては、とても難しい曲ばかりですが、ぜひカッコ良く、楽しんで演奏して下さい。』という窪田さんの一言からまずはスタート。
曲集の順に1曲ずつポイントを説明して、最後に通して演奏して下さるというスタイルで進んでいきます。

1、Inspire(2013年の三木楽器スペシャルコンサート用にと作曲して下さったナンバー)

イントロのギターのメロディをベースで弾くという新鮮ながらも非常に難易度の高いナンバー。リズムがスタートすると一転してスピード感のあるメロディーへと。イントロとの落差もカッコ良さを盛り上げてくれるナンバー。

2、Funky “D” Town

D-DECKの発売の時に発表された曲で、ベースラインに特長のあるナンバー。
メリハリのあるサックスのメロディー、勢いのあるオルガンのアドリブなど、エキサイティングな感じを出したいナンバー。

3、Out of Pity

スチールギターのバッキングが心地よく、テンポも♩=90とゆったりしているナンバー。ギターの音をタッチによって表情を変えたりと、センスの善し悪しが出そうなナンバー。

4、The Electric Future
30年前に作られた窪田さんの代表曲。
これまでも色々とアレンジを変えながら弾き続けてきたナンバーですが、今回はオリジナルアレンジのもの。ベースにセカンド(2nd EXP)が入るという至難の1曲。

5、Road Star
言わずと知れた、こちらも難易度の高い窪田さんの代表曲のひとつ。ポイントはセカンドペダルとホリゾンタルタッチ。上手く組み合わせて使って。

どの曲も、窪田さんならではのスリリングなキレや、疾走感、シャレた感じを出すのにはかなりの練習が必要だろうと、講座を通して実感。ただ、窪田さんがはじめに言って下さったように、”カッコ良く、楽しんで”というところに向かって、日頃の地道な練習も”楽しく”したいものです。
講座の最後には、この春の三木楽器スペシャルコンサート『Love Songs〜愛の輪をつなげ』で初披露して下さった新曲『Endless Marvel』をサプライズ演奏して下さいました。なんでも、この4月に、新型ステージアELS-02用データがスコアとともに発売予定とのこと(楽しみだ。)
『あ〜、弾きたい曲がありすぎて〜』とファンの方がつぶやいてました。
P1550998.JPG
P1550995.JPG

P1560011.JPG

窪田宏LIVE AT MIKI 
10月26日(日)(全席指定)
料金:3,800円
※発売日7/20〜

■■■只今発売中のLIVE AT MIKI チケット■■■
5/25(SUN) 鷹野雅史LIVE AT MIKI  SOLD OUT
6/29(SUN) 中野正英LIVE AT MIKI  LIVE AT MIKI初登場、ジャンルに縛られない中野正英のオリジナリティー溢れるステージを御期待下さい。