2014 年納め!富岡ヤスヤLIVE AT MIKIレポート

2015
01/08

お待たせしました。昨年12月28日に行われました富岡ヤスヤLIVE AT MIKIレポートです。
”年末はヤスヤさんのライヴで大笑いして過ごそう!”が合い言葉になりつつありますが、まずは、ご来場下さいました、たくさんの方々、年の瀬のお忙しい中、本当にありがとうございました。
さて、ヤスヤさんと言えば、ロック魂燃える熱いプレイとエンターティメント魂が炸裂する爆笑トーク!この日も大満足のライヴでした。

派手なキーボードパーカッションからスタートは『JTQのテーマ』
各パートヤスヤの『ヤスヤバンド』メンバー紹介から始まり、会場も一気に盛り上がります。

M2 ROCKYのテーマ
トランペットのハイノート(高音域の超音波のような音)の感じをピッチをずらして本来の楽器らしさを出すテクニックや、バスドラム、スネアなど迫力のあるドラムの気迫が伝わってくるリアル感が最高!

M3 セントルイス・ブルース
セカンドラインというリズムに合わせて、会場からの手拍子で、ヴォーカル入りのご機嫌なスタンダードジャズを聴かせてくれました。

M4 セイロガンのテーマ
ヤスヤさんのお笑いネタの一つと言えば、”セイロガンのCMネタ”ですが、もともとの出来たきっかけは、ピアノを弾きながらMCを入れたくて、ジャジーな雰囲気にアレンジされたのだそうです。

M5 ピクニック
誰もが一度は口ずさんだことのある、お馴染みの曲。
色んな動物が登場するとても楽しいアレンジで、前列のお客様も参加するサプライズも。。。

M6 モーニン
レコード針がとぶ感じも入って、たまらなくアナログの良さが表現されたジャズスタンダード。
テナーサックスやトランペットのメロウな音で心が落ち着くなんとも渋い一曲でした。

ここで、02の画期的なボイスバリエーション(シュビドゥバ)などの紹介〜ヤスヤさんのカッコイイ本物のボイスパーカッションで次の曲、M7『いとしのエリー』へ。
ヴォーカルはもちろんヤスヤさん!コーラスをエレクトーンで、、、、目をつぶっていると本物のコーラスとのハモネプを感じさせる様な心地いいナンバーでした。

M8 Journey to love
ヤスヤさんオリジナルのバラードナンバー。
心が落ち着くフレーズにみんなうっとりと聴き入っていました。

M9 We Will Rock You
ヤスヤさんのテーマソングといってもいいぐらいのお馴染みのナンバー!
会場も手拍子で大盛り上がり!

ラストはSmells Like Teens Spirit〜Purple Hazeを2曲続けて!
ロック魂炸裂のナンバー!ディストーションギター、生ギターの凄さ、クオリティーの高さに脱帽!

そして、最後にもう一度『ヤスヤバンド』のメンバー紹介。

アンコールで再登場のヤスヤさんの手には、3月の三木楽器スペシャルコンサート『PRIME TIME』のチラシが。それを見ながら、なんと即興の歌仕立てで紹介、最後に素敵なお知らせ〜ということで、今年のヤスヤさんのLIVE AT MIKIの宣伝まで!粋なはからいは、さすがエンターティナー!!
とにかく最初っから最後まで笑って、笑って、笑って、、、、”笑う門には福来る” 新年へのいい架け橋になりました!

今年のヤスヤさんのライヴは12月27日です!
絶対見なきゃソンだと思いますぞ(笑)
 

P1620476.JPG
P1620496.JPG
P1620498.JPG
P1620468.JPG
P1620504.JPG

 

P1620515.JPG
▲キメポーズ、お願いしちゃいました。

只今発売中のチケット▼
3/1(日)MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 『PRIME TIME』
窪田さんの02の魅力満載の新曲、COOLな尾野さんのコラボステージ、中野さんが発信するニューウェーヴ、そして、新たな魅力で展開する安藤さんのステージ。
”スタイリッシュ”なこのステージ、絶対見逃さないで!詳しくはコチラ


 

 

11/30 尾野カオルLIVE AT MIKIレポート

2014
12/04

11月30日のLIVE AT MIKIは、1年ぶりに尾野カオルさんにお越し頂きました!最近は日本のクラブジャズバンドJABBERLOOPのメンバーDAISUKEさん、MAKOTOさんとのコラボステージで多忙な尾野さんですが、この日は待ちに待ったELS-02Xでのソロライヴ、尾野さんの魅力がたっぷり詰まった3rdアルバム『Music tranquilizer』と、02シリーズの魅力が存分に味わえる最新曲集『Groovin’Melodies』からの選曲で期待に胸膨らむ私たちをたっぷりと楽しませて下さいました。

M1 Space Cowboy
オープニングは、最新曲集『Groovin’Melodies』から。
ELS02の新音色ステージエレピで始まり、アッパーなハウスのリズミカルなナンバーでライヴのスタートです!

M2 Future Lounge’71
3rdアルバム『Music tranquilizer』から。
ギターとスキャットのメロディーで、クラブジャズのノリが最高の一曲!
02でますますオシャレに!尾野さんも『是非02で弾きたかった!』とのこと。

M3 海の見える街
人気のジブリ映画『魔女の宅急便』テーマソングをなんと、ドラムンベースバージョンにアレンジ!
鋭いストリングスやピアノも素敵な、尾野カオルテイストに大変身の一曲。こちらも新曲集に収録されています。

M4 Jazz Affect(3rdアルバム『Music tranquilizer』から)
大人気のナンバー。リズムが鳴りだすと客席からは、すかさず手拍子が。サックスは本物のように力強く、どんどんこの曲を盛り上げていきました。

M5 亡き王女のためのパヴァーヌ(曲集:Groovin’Melodiesより)
クラシックの曲をロマンティックなバラードナンバーへとアレンジ。尾野さんお気に入りの02のソプラノサックスやエレピが一層曲を引き立てて、うっとりと聴き入ってしまいました。

M6 メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス
(曲集:Groovin’Melodiesより)
イントロは原曲のピアノではなく、02の新音色で。ヒップホップアレンジが、ブルーに染まる場内にオシャレ〜に響きます。
クリスマスを前に、少し早めのプレゼントを頂いたような、そんな気分になりました。

M7 Sensitivity(曲集:Groovin’Melodiesより)
かつてのIEF(インターナショナルエレクトーンフェスティバル)92’最優秀賞受賞曲で、尾野さんのファンなら誰もが”弾いてみたい”と憧れたナンバーなのではないでしょうか。ELシリーズの曲集にも掲載されていましたが、この度02で再収録。ドラマティックな展開のこのナンバー、新たなエレクトーンで是非チャレンジしたいものですね。

M8 Tranquilizer(3rdアルバム『Music tranquilizer』から)
アルバムタイトルにもなっている本曲は、ベース音から始まり、ノリの良い打ち込みに軽やかなビブラフォンのメロディーが特長。機械的なリズムの動きの中に、力強さと繊細さ、いろんな要素がミックスされたとても面白いナンバー。

M9 ルパン三世 愛のテーマ
誰もが知るアニメ”ルパン”のエンディングテーマ曲をジャジーなR&Bにアレンジ。
原曲の雰囲気を残しつつも、歌い上げるミュートトランペットや巧みなコードワークのエレピは大人のムード満点で、とっても素敵でした。

M10 Liquid Sky (3rdアルバム『Music tranquilizer』にも収録)
アルバムの中の「geometric Gate」をサプライズで演奏して下さり、つづいて本曲へ。
ハウスのリズムに、激しく吹きまくるサックスやフルート、鍵盤を駆け巡るエレピのアドリブも最高で、会場も大いに盛り上がりました。

Enc: 風のとおり道
きっと誰もが知っているジブリアニメの代表作『となりのトトロ』のテーマ曲、この超有名なナンバーを、やはり尾野さんならではのテイストで。ノリのいいハウスのリズムに、今にもトトロが飛び出して来そうで、やがて会場は手拍子と熱気に包まれ、最高のエンディングを迎えました。

尾野カオルさんは、何と言ってもエレクトーン界でクラブシーンを築きあげた第一人者。これからもステキなナンバーを私たちに是非届けて欲しいですね。
さて、来年(2015年)3月に行われる三木楽器のエレクトーンスペシャルコンサートに尾野さんが登場します。今回はJABBERLOOPのメンバーとのコラボレーションがひとつの見所にもなっています。
ただいまチケットは絶賛発売中。是非、皆様のお越しをお待ちしております。

P1620244.JPG
P1620243.JPG
P1620248.JPG
P1620267.jpg
P1620275.JPG

▲尾野さん得意のポーズでキメ!

尾野カオルさん出演『MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS2015/PRIME TIME』の詳細はコチラから。

 

 

10/26 窪田 宏・11/2・3 安藤禎央LIVE AT MIKI レポート

2014
11/07

先月10月26日は窪田宏さん、そして今月11月2日、3日は安藤禎央さんのライヴがココLIVE AT MIKIにて行われました。両ライヴともチケットは早々とSOLD OUT、満員御礼で迎えました。先の窪田宏LIVE AT MIKIは5000WATT POWERに始まり、The Olimpic GamesEndless Marvel、シャバダバ、シャバダバ〜の出だしが懐かしいTV番組11pmのテーマ、シャレたメロディーで話題を呼んだBlue Moon、サプライズでみんなを沸かせたGemma、(この曲で、窪田さんは秘密兵器のキーボードを抱え場外へ!!)後半はInspireSpin Kick、とテンションも上がるナンバーが続き、仕上げのアンコールはRoad Starと、窪田さんの代名詞的ナンバーの連続に”やられました!”という感じ。今回もLIVE AT MIKIならでは、窪田さんならではの興奮やまぬ全9曲、超クールなステージを展開してくださいました。窪田さんのちょっとシャイなトークも楽しい、ホットなライヴでした!

その一週間後、安藤禎央LIVE AT MIKI 2DAYSが開催。今回のライヴテーマは『mind scape(心の風景)そして”一体感”』ということで始まり、最新アルバム『mindscape<<5』からの選曲を中心にステージを展開。core of mind記憶SunnyA cheerful Day、、、、ピアノソロで聴かせてくれたlagoonはとても新鮮で引き込まれました。新曲”PA PA YA PA“は、なんと手書きの楽譜がサプライズでみんなに配られました。その楽譜を片手にみんなで“PA PA YA PA”と、コーラスで参加!今回のテーマともなった”一体感”が味わえました。
「LIVE AT MIKI は僕にとって、”ホーム”と言っていいほど大切な場所」と安藤さんからの嬉しい言葉も頂き、感無量のLIVEでした。安藤さん、2DAYS、ありがとうございました。

窪田宏LIVE AT MIKI photo〜

P1610016.JPG
P1610011.JPG
P1610027.JPG
P1610029.JPG
P1610047.JPG

■■■窪田宏LIVE AT MIKI■■■
M1. 5000 WATT POWER
M2. The Olympic Games
M3. Endless Marvel
M4. 11pmのテーマ
M5 .Blue Moon
M6. Gemma
M7. Inspire
M8. Spin Kick
Enc.Road Star

安藤禎央LIVE AT MIKI photo〜P1610137.JPG

P1610136.JPG
P1610085.JPG
P1610110.JPG
P1610112.JPG
P1610119.JPG

■■■安藤禎央LIVE AT MIKI■■■
M1.core of mind
M2.FLY HIGH (symphonic ver.
M3.pandora
M4.記憶
M5.Sunny
M6.lagoon(ピアノソロ)
M7.PA PA YA PA(新曲)
M8.A cheerful Day
M9.木漏れ日の樹の下で
M10.HOPE
M11.FLY HIGH
Enc. Into The Light

窪田さん、安藤さん、お二方とも2015年の三木楽器エレクトーンスペシャルコンサートPRIME TIMEに出演が決定。”スタイリッシュ”をテーマに、今回はどんな曲が披露されるか期待が膨らみます。毎回この企画の為に新曲を書き下ろして下さる窪田宏さんと、これまでのイメージとは違う一面を”魅せる”安藤さんのステージ、さてどんなステージになるかー。また、三木楽器のスペシャルコンサートでは初登場となる期待の若手プレイヤー、中野正英さんに、今回見どころとなる尾野カオルさんは、日本のクラブジャズバンドとして活躍するJABBERLOOPのメンバー、DAISUKEさん(Sax)、MAKOTOさん(Tp)とコラボレーション。また、セットデザイナー、ライティングデザイナーを起用し、凝ったステージの演出も三木楽器ならでは。”究極のスタイリッシュ”を完成させるべくプロデュースする2015年のスペシャルコンサート、大いにご期待下さい。
2015 MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2015
PRIME TIME 詳細はこちらから。

9/28 加曽利康之LIVE AT MIKI

2014
09/29

秋の風がさわやかな9月28日、LIVE AT MIKIには不動の人気を誇る加曽利康之さんが登場です。
今年3月の三木楽器スペシャルコンサート”Love Songs〜愛の輪をつなげ”でも素晴らしい演奏を披露し、その人気の高さを見せてくれました。この日はオール加曽利さん!LIVE AT MIKIにつめかけたファンの期待に応えるように、熱いライヴを繰り広げて下さいました。

M1 Some Day My Prince Will Come(いつか王子様が)
リズミカルなラテンビッグバンドフレーバー、それでいて原曲の雰囲気もしっかりと。まさにオープニングにふさわしい1曲。

M2 Trust My Star
アルバム『Stund by U』からの1曲。
ELS-02シリーズの中で、最も気に入っている音色”Sボイスのナイロンギター1”を使って。
鍵盤でここまでアコースティックギターらしさを表現できるのかと感心するほど、すばらしいテクニックに脱帽!でした。

M3 線路は続くよどこまでも〜Boys Be Ambitious Orchestra〜
有名すぎるこの曲、加曽利さんの演奏で聴くと、とてつもない世界観がそこに現れます。アメリカ大陸横断、西海岸から東海岸へと、ドラマティックに壮大に、めくるめく冒険ファンタジーを堪能しました。

M4 ドンパン節<和風オーケストラ>
和楽器とオーケストラのコラボが面白い一曲。6月の中国公演でも大好評だったというこの曲、ベースには三味線2を使い、よりリアルな音が鳴り響いて、、、。
ベースラインの速さにも驚き、迫力満点、とてもスケールの大きな曲でした。

M5 Improvisation Ⅰ 即興演奏
客席の5名の方に5音(ファ、シ、♭ミ、ラ、ド)を頂き、その場でレジストをセッティング、リズムはノリのいいR&B風。とても即興とは思えない完成度の高い曲として披露してくれました。

M6 Improvisation Ⅱ 即興演奏
さきほどの即興演奏をさらに進化させ、、、MDRに録音していた先程の即興曲を再生しながら、加曽利さんが生ピアノでコラボ!なんとも貴重なシーン、会場からも『わぁ〜素晴らしい!』の歓声が!
アンビリーバブル!!

M7 Everything
アーティストMISIAの超有名なナンバーを、お気に入りのサックスを使って!
原曲に忠実なアレンジ、サウンド、サックス奏者とのデュオを思わせるような、楽器の特長を鍵盤で丁寧に表現した極上スウィートバラード。一音一音とても丁寧に弾かれる姿が印象的でした。

M8 Father’s Eyes
亡きお父様を偲んで書き下ろされた一曲。
”父親の目”から見た我が子への想いがひしひしと伝わる名バラード。思わず涙が、、、、。

M9 ケルティックロマンス
ユーレイズミーアップ〜ロンドンデリーエア〜ケルト色に包まれたストーリーのある曲。
”ユーレイズミーアップ”と言えば、思い起こすのは荒川静香さんのフィギュアスケートでの優美な舞。
まるで自分がスケーターになったみたいに、、、。

M10 明日に架ける橋〜version 02〜
ELS-02シリーズの機能をふんだんに使い尽くして出来た曲。
新しい音色や機能を駆使した一曲にブラボー!

Enc: ラバーマン
ブラスとオルガンの歯切れよいサウンドがアンコールの会場を沸かせてくれます。自然と手拍子が起こり、やがてステージと客席が一体に。アンコールにふさわしいご機嫌なナンバーでした。
P1600708.JPG
P1600717.JPG
P1600702.JPG
P1600740.JPG
P1600751.JPG

この日は真っ白のシャツにウォッシュの効いたジーンズでさわやかな装いの加曽利さん。ライヴ後はスタッフと一緒に写真を撮らせて頂きました。

<只今発売中LIVE AT MIKIチケット>
11/30 尾野カオルLIVE AT MIKI  クラブサウンドでオシャレにゴージャスに!
12/28 富岡ヤスヤLIVE AT MIKI  2014年もロックな笑いで締めませんか?
好評発売中です。

▶2015エレクトーンスペシャルコンサート『PRIME TIME』チケット10月19日より発売します。

 

 

8/24 倉沢大樹LIVE AT MIKI

2014
09/01

夏はやっぱり倉沢ジャズ!去る8月24日、倉沢大樹LIVE AT MIKIは熱く熱く盛り上がりました。
チケットSOLD OUTで満員御礼!立見もいっぱいの会場、そこへ白と黒のムラ染めのボーダーシャツに黒パンツのクールなスタイルで倉沢さんが登場。パチパチパチ〜!!夏の花火に負けずの拍手が!
つかさず客席からは「倉沢さん!」と熱い声援も!「アイドルになったみたい」と照れる倉沢さん。
ライヴならではのこの近い感じ、、、ん!イイ。今回も盛り上がりの予感!

M1 I got rhythm
新機種ELS-02発売に合わせてインターネットでライブ配信された曲。
スキャットボイスをふんだんに使ったゴージャスなビッグバンドサウンドにオープニングからテンションがグングン上がります。

M2 リカドボサノバ
新たに搭載された音色『フルートフラッター』をフューチャー。
倉沢さんの鋭いタッチで変化するフルートのアタック音!情熱的な曲がさらに情熱的に。

M3 Nice pants
オルガンとビッグバンドのサウンドが絡み合うファンキーな一曲。
オルガンに、ギターに、と、次々とコレでもか!とたたみかけるフレーズ。倉沢さんの指に釘付けに。

M4 煙が目にしみる
曲集『HELLO!STAGEA ELS 02 Vol.3』掲載曲。
ライブ前日に急遽、演奏することを決められたのだとか。いや、いや、弾いて下さって感激です。
新音色Sテナーサックスの音色が大人のジャズバラードに映えます。思わずうっとり、、、、。

M5 ストレート・ノー・チェイサー
できたてホヤホヤの新刊『JAZZ STREAM 5』から、躍動的なメロディーとブルースのコード進行によるモダンなナンバー。
トランペットとサックスのユニゾンのフレーズがクールでおしゃれ!

M6 クルシン
今度はガラリと変わり熱いラテンナンバー。
速めのサンバのリズムにピアノ、サックスが絡んで、、、、倉沢さんのパワフルな演奏と真っ赤なライトが興奮を誘います。。。。

M7 You are my sunshine
倉沢さんのライヴでお馴染みのナンバー。
02に新たに搭載されたボイスパーカッションや「イェイ!!」などのフレーズのリズムキットを加えたアレンジに、『アレもコレもと使い過ぎちゃいました(笑)』と反省される倉沢さんでしたが、そんな事ありませんよ。新鮮な音や機能にワクワク、ノリノリで、大いに盛り上がりました。

M8 『アナと雪の女王』メドレー
え?!倉沢さんが『アナと雪の女王』?と意表をついた選曲に会場からも驚きの声が。
始まりからエンディングまで11分のメドレーは、映画のストーリーに沿った展開で進みます。繊細かつダイナミックな演奏にグググっと引き込まれ、コレは鳥肌モノでした!

M9 Sing sing sing
ラストはキレのあるブラスサウンドで熱く!コレぞ倉沢ジャズ!
会場中に鳴り響く手拍子、パワフルな演奏、最後まで目が離せませんでした。

Enc Over the rainbow
ピアノ、サックス、ストリングス、、、ジャズのバラードには外せない代表的な音色も、”02”のより洗練された音で、しっとりと大人のムード満点に。倉沢さんの気持ちよく弾かれる姿がとっても印象的でした。

みなさまは、アンコールは盛り上がり派?バラード派?去年のライヴでは、倉沢さん得意のピアニカを使った大人のバラード『In a sentimental mood』に酔いしれたのを思い出しますが、バラードでの締めくくりもオツなものだなァと、しみじみ感じてしまいました。倉沢さん、今年の夏もステキなLIVEをありがとうございました。


P1600102.JPG
P1600113.JPG
P1600119.JPG
P1600126.JPG

ファンの方にもいつも温かく応えてくださる倉沢大樹さん。

只今発売中のLIVE AT MIKIチケット
9.28 (SUN) 加曽利康之LIVE AT MIKI   ドラマティックな加曽利康之さんの世界を間近で体感して。
11.30 (SUN)尾野カオルLIVE AT MIKI 新機種の魅力全開!尾野カオルさんのグルービーなクラブサウンドでオシャレな時間を。

10.26 窪田宏LIVE AT MIKI、11.2/3 安藤禎央LIVE AT MIKIのチケットは完売致しました。みなさまには心より御礼申し上げます。

▶2015スペシャルコンサート開催が決定しました。詳細はこちらから。