窪田 宏 氏 公開講座

2012
04/14

待ちに待った窪田 宏さんの最新スコア『THE BEST OF HIROSHI KUBOTA〜Spin kick〜』の公開講座が今月、4月8日に、LIVE AT IKI の会場で行われました。

久々の公開講座とあって、窪田さんもライヴの時とは違い、少し照れくさそうな挨拶でSTART。
スコアの順番通り、まずは『Round Dance』からアドバイスが始まります。
「ここはSaxのソロ、強く弾かず、サラっと、、、」一通りのアドバイスが終わると、実演!
やはり、すごい迫力です。
『Association』では「全体的に落ち着いて、リズムの2、4を体で刻みながら、、、」と、アドバイスして、実演して。同じように『5000Watt Power』『chattanooga choo choo』『CHAMELEON』もアドバイスと実演が繰り返され、楽譜も見なくちゃいけないけれど、やっぱり窪田さんのプレイする姿も見たいし、、、で皆、大忙し??の様子でした。
でも、1ページづつ、とても丁寧に丁寧にアドバイス&実演が進んでいきます。

最後は、この本のタイトルにもなっておりますが、本書の中でも最も難度の高い曲、『Spin kick』についてのアドバイス。
窪田さん曰く、「この曲は、まず30分くらいベースだけを練習して、何も考えないでもベースが動くくらいに練習してから両手に入る事!グレードの3級、いや、2級、いや、1級に値する曲!!」と。
まぁ、窪田さんが30分とおっしゃるならば、普通の人はきっと2倍、いや3倍の練習量が必要でしょうか。。。
私は指が20本、左足が3本あればなぁ、、、、なんて思いましたけれど、、、、。
♪Spin kick の演奏はしびれました〜〜〜〜。すごい迫力!ズシリとビートが体に入って参りました。
当たり前なのですが、目の前での窪田さんのプレイに改めて感激!感激!!

そういえば、『Chattanooga choo choo』のアドバイスでのこと、、、、
アドリブの指使いの説明で、小指のことを思わず “小人”って言い間違えてしまったシーンが。
「小人(こびと)?だって、小指、小指。」と慌てて言い直していた窪田さんが、何だかとってもお茶目でした。

公開講座修了後、ご参加の皆様からも、『すごくわかり易かったし、とてもヨカった〜〜。』とぞくぞくと感謝の声が届きました。
ファンを代表して、「窪田 宏さん、ありがとうございました。そして、長時間、お疲れさまでした。」

 

P1550998

 

P1550995

 

P1560011

 

 

さて、窪田 宏 LIVE AT MIKI、今年は10月28日に予定しております。
チケット発売は7/20(金)です。どうぞお楽しみに。