ピアノイベントの記事一覧|エレクトーンコンサートレポート

2015.3.1 PRIME TIME レポート

2015PRIME TIME ol
3月1日、毎年恒例の三木楽器エレクトーンスペシャルコンサートが大阪サンケイホールブリーゼで開催されました。今年の「PRIME TIME」は、スタイリッシュをテーマに4人のエレクトーントッププレイヤーと、クラブジャズバンドJABBERLOOPのメンバーMAKOTO(Tp)、DAISUKE(Sax)との豪華コラボレーション。

ブルーのライトに包まれ“PRIME TIME”を待つステージ。(今年もたくさんのご来場、誠にありがとうございました。)オープニングは注目の若手プレイヤー中野正英さんで「Emotional high」。スピード感あふれる演奏とシンクロして駆け巡るムービングライト。スペシャルコンサートへは初参加の中野さん、フレッシュな魅力でドキドキの幕開けとなりました。
続いては“魅せる”安藤禎央さん。今回はいつものイメージとは一転、躍動する「ZONE」、クールな「blue」と、新たな一面を押し出しファンを魅了。観客との手拍子コラボレーション「A cheerful Day」では会場の一体感も一気に高まります。
そして本コンサートの見所、尾野カオルさんがJABBERLOOPと共に登場。魅惑的なトランペットとサックスの響きに絡み合う尾野さんのリズム&サウンド、立体感のあるライティングも相まって熱いステージを展開。ソロでは「Dawning Horizon」クラブシーンで活躍する尾野さんテイストのつまった新曲を披露して下さいました。
ラストは“洗練”の代表格窪田宏さん。新機種02シリーズの特色、ボーカルボイスをフューチャリングしたプログラム。お洒落なサウンドに超クールなベースプレイ…とにかくかっこ良い。最後は書き下ろしたばかりの新曲「Vocalize」キレのあるアップテンポのナンバーに会場のテンションも最高に盛り上がりました。
アンコールには、安藤禎央さん、尾野カオルさん、JABBERLOOPのDAISUKEさん、MAKOTOさんが再登場して「I Believe in Miracles」を。グルービーな夜を惜しみながらの終演となりました。

熱い演奏を届けて下さったプレイヤー、ステージを彩ったセット&ライティング、見事なコラボレーションで完成した“究極のスタイリッシュ”。ご来場のお客様からも好評のお声を多くいただきました。益々進化し続けるエレクトーンの世界、来年の企画もどうぞご期待下さい。

本コンサートの取材記事(詳細)が月刊エレクトーン5月号に掲載されます。是非、本誌で詳細をお楽しみ下さい。

写真は当日のリハーサルより▼

 

P1630423.JPGのサムネール画像

P1630186.JPGのサムネール画像P1630241.JPGのサムネール画像P1630268.JPGのサムネール画像のサムネール画像P1630314.JPGのサムネール画像のサムネール画像P1630394.JPGのサムネール画像のサムネール画像

MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2015
PRIME TIME

M1       Emotional high/中野正英
M2       gonna be brave/中野正英
M3       イパネマの娘/中野正英
M4       ZONE/安藤禎央
M5       blue/安藤禎央
M6       Sunny/安藤禎央
M7       A Cheerful Day/安藤禎央
M8       Liquid Sky/尾野カオル、MAKOTO(Tp)、DAISUKE(Sax)
M9       NOCTURNAL DRIVE/尾野カオル、MAKOTO(Tp)、DAISUKE(Sax)
M10   Dawning Horizon/尾野カオル
M11   Endless Maevel/窪田宏
M12   KOOL Tune/窪田宏
M13   Vocalize/窪田宏
Enc       I Believe in Miracles/安藤禎央 、尾野カオル、 MAKOTO(Tp)、DAISUKE(Sax)

ジル・ヴォンサッテルピアノリサイタルが開催されました

 5月18日(日)この日が大阪初公演となるジル・ヴォンサッテルさんのピアノリサイタルが開催されました。

ジル・ヴォンサッテルさんといえば、世界的に名高いジュネーヴ国際コンクールにて2006年度最高位受賞されたピアニストです。

ジル・ヴォンサッテルさんのリサイタルを心待ちにされていたお客様で場内は埋め尽くされました。

舞台にブルーのライトが差し込み、場内は洗練された空間を漂わせる中、黒のスーツで登場したジル・ヴォンサッテルさん。とても貫禄があります。

 

IMG_1102.JPG

ラヴェルの「ソナチネ」を流れるように美しい旋律で演奏。透き通る音色にうっとりと聞き入ったお客様も多かったと思います。続いてはベートーヴェンピアノソナタ「月光」。最後までお客様の心を掴んで離しません。特に終楽章での迫力と心揺さぶられる感情は会場全体を魅了しました。

 

IMG_1123.JPG

IMG_1237.JPG

 

演奏 だけでなくトークでもお客様を魅了してくださいました。通訳も交えて約10分間のトークでは、音楽に対する想いや曲目の解説をたくさん話してくださいました。当初トークはジル・ヴォンサッテルさんだけがお話をするはずでしたが、「僕は英語で話すから、何人のお客様にきちんと伝えられるか分からない。通訳を入れて全員に伝えたい。」この一言で通訳を交えての会場が一体となるトークとなりました。

後半に入り大曲が続きましたが、ジル・ヴォンサッテルさんの生み出すメロディー、音楽の世界観、どれもが全て素晴らしくとても贅沢なリサイタルとなりました。アンコールでは溢れんばかりの拍手が場内に鳴り響きました。

最後にはお客様からジル・ヴォンサッテルさんへの質問タイムが。お客様からの質問に親身に熱意を持ってお答えくださるジル・ヴォンサッテルさん。とても魅力的な人柄溢れる感動的なリサイタルとなりました。

IMG_1310.JPG

 

                                       

................ program ...............

【ラヴェル】               ソナチネ
【ベートーヴェン】    ピアノソナタ「月光」op.27-2
【リスト】                エステ荘の噴水
【リスト】                葬送
【シューマン】            アラベスク
【ドビュッシー】          「映像」より 葉ずえを渡る鐘の音
そして月は廃寺に落ちる
金色の魚
【ラヴェル】               ラ・ヴァルス

アンコール
【ベートーヴェン】         バガデル

 

 

 

 

 

2014.3.2 Love Songs〜愛の輪をつなげ

去る3月2日、大阪サンケイブリーゼにて毎年恒例、三木楽器のエレクトーンスペシャルコンサートが開催となりました。今年は前回から4年越しとなるエレクトーンの名曲を綴ったコンサート、『Love Songs〜愛の輪をつなげ』。皆様のおかげで今年も大盛況でした。(ありがとうございました。)またユニセフ募金にもご協力頂き、あらためて御礼申し上げます。

さて、今年の『Love Songs〜愛の輪をつなげ』は、高田和泉さんの『風の都』から幕を開け、冴咲賢一さん、窪田宏さん、加曽利康之さん、安藤禎央さんと5人のエレクトーンプレイヤーと、スペシャルゲストとしてバイオリニストの土屋玲子さんをお呼びしてお届けしました。それぞれのプレイヤーが届けてくれた愛の形(美しい音楽)に、夢見心地になったり、勇気づけられたり、ぎゅうっと胸がしめつけられたり、きっと、それぞれにいろんな思いを重ね合わせてご覧下さったことでしょう。コンサート終演後は、たくさんのお客様より『感動しました』というお声も頂きました。
アンコールは安藤禎央さんと土屋玲子さんで『あの日のように』をコラボレーション。遠い記憶を懐かしく思えば、心も温かく、やさしくなりました。
lovesong_2014_pamphlet-thumb-580x410-1301.jpg

本コンサートの取材記事(詳細)が月刊エレクトーン5月号(4月20日発売)に掲載されています。是非、本誌で詳細をお楽しみ下さいませ。

写真は当日のリハーサルより▼

img0322.jpg

img0481.jpg

IMG_0684.JPG

IMG_0664.JPG IMG_0517.JPGのサムネール画像のサムネール画像

P1550594.JPGのサムネール画像
IMG_0856.JPG

MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS
Love Songs〜愛の輪をつなげ

M1 風の都/高田和泉
M2 Glory Days/高田和泉
M3 Road to The Sky/高田和泉
M4 Memories of the future〜未来の思い出/冴咲賢一
M5 Endless Marvel/窪田宏
M6 Blue Moon/窪田宏
M7 Trust My Star/加曽利康之
M8 Father’s Eyes/加曽利康之
M9 make IT real/加曽利康之
M10 HOPE/安藤禎央
M11 木漏れ日の樹の下で/安藤禎央
M12 あぐり/安藤禎央、土屋玲子(Vln)
M13 天上の光/安藤禎央、土屋玲子(Vln)
Enc  あの日のように/安藤禎央、土屋玲子(Vln)

ご来場の皆様には、お帰りの際に三木楽器からのMessage Cardをお渡し致しました。
Cardに刻んだ「世界が永遠に平和でありますように。」という言葉、三木楽器の願いであり、みんなの願いでありますように。