5月18日(日)この日が大阪初公演となるジル・ヴォンサッテルさんのピアノリサイタルが開催されました。

ジル・ヴォンサッテルさんといえば、世界的に名高いジュネーヴ国際コンクールにて2006年度最高位受賞されたピアニストです。

ジル・ヴォンサッテルさんのリサイタルを心待ちにされていたお客様で場内は埋め尽くされました。

舞台にブルーのライトが差し込み、場内は洗練された空間を漂わせる中、黒のスーツで登場したジル・ヴォンサッテルさん。とても貫禄があります。

 

IMG_1102.JPG

ラヴェルの「ソナチネ」を流れるように美しい旋律で演奏。透き通る音色にうっとりと聞き入ったお客様も多かったと思います。続いてはベートーヴェンピアノソナタ「月光」。最後までお客様の心を掴んで離しません。特に終楽章での迫力と心揺さぶられる感情は会場全体を魅了しました。

 

IMG_1123.JPG

IMG_1237.JPG

 

演奏 だけでなくトークでもお客様を魅了してくださいました。通訳も交えて約10分間のトークでは、音楽に対する想いや曲目の解説をたくさん話してくださいました。当初トークはジル・ヴォンサッテルさんだけがお話をするはずでしたが、「僕は英語で話すから、何人のお客様にきちんと伝えられるか分からない。通訳を入れて全員に伝えたい。」この一言で通訳を交えての会場が一体となるトークとなりました。

後半に入り大曲が続きましたが、ジル・ヴォンサッテルさんの生み出すメロディー、音楽の世界観、どれもが全て素晴らしくとても贅沢なリサイタルとなりました。アンコールでは溢れんばかりの拍手が場内に鳴り響きました。

最後にはお客様からジル・ヴォンサッテルさんへの質問タイムが。お客様からの質問に親身に熱意を持ってお答えくださるジル・ヴォンサッテルさん。とても魅力的な人柄溢れる感動的なリサイタルとなりました。

IMG_1310.JPG

 

                                       

................ program ...............

【ラヴェル】               ソナチネ
【ベートーヴェン】    ピアノソナタ「月光」op.27-2
【リスト】                エステ荘の噴水
【リスト】                葬送
【シューマン】            アラベスク
【ドビュッシー】          「映像」より 葉ずえを渡る鐘の音
そして月は廃寺に落ちる
金色の魚
【ラヴェル】               ラ・ヴァルス

アンコール
【ベートーヴェン】         バガデル