ピアノイベントの記事一覧|エレクトーンコンサートレポート

イリーナ・メジューエワピアノリサイタルが開催されました。

 

5月12日(日)イリーナ・メジューエワピアノリサイタルが開催されました。今年は優良ホール100選にも選ばれているいずみホールで開催となり、多くのお客様にご来場頂きました。
いずみホールと言えば、舞台中央の大きなパイプオルガンや天井に吊るされた大きく輝くシャンデリアがとても印象的です。
いずみホール第一弾はイリーナ・メジューエワさんにご出演頂きました。
イリーナさんがモーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を弾き始められると、会場内は一気に洗練された美しい音色に包み込まれました。
丁寧な演奏からは凛とした音楽が奏でられ、上品で温かな音色が聴衆の心を解きほぐすように響きました。続いてシューベルト、ベートーヴェンと、迫力ある演奏に場内は圧巻されました。
後半は誰もが知っている名曲が続きます。ショパンの「幻想即興曲」「華麗なる大円舞曲」「小犬のワルツ」と3曲続けて演奏下さいました。イリーナさんの奏でるショパンを楽しみにされているお客様も多かったのではないでしょうか。これほどまでに忠実に再現されたショパンの楽曲は本当に素晴らしく、とても繊細且つ、時に大胆でずっと聴いていたいくらい心地よくなります。
イリーナさんもショパンは大好きだそうです。
そしてリスト、ドビュッシーと今回も幅広い年代の楽曲を取り入れたプログラムで大変贅沢な内容となりました。
演奏終了後、場内から拍手は鳴り止まず、その拍手に応えられ何度もステージに上がられるイリーナさん。イリーナさんのお人柄が溢れる感動的なコンサートとなりました。終演後のサイン会では並ばれたお客様お一人お一人に目線を合わせながらサインされる姿がとても印象的でした。

070

054t2
092t

105

131

 

・・・・・・・・program・・・・・・・

モーツァルト : きらきら星変奏曲

シューベルト: 即興曲 変ト長調 作品90-3

ベートーヴェン : ピアノソナタ「ワルトシュタイン」

ショパン :  幻想即興曲

華麗なる大円舞曲 作品18

小犬のワルツ

リスト:エステ荘の噴水

ドビュッシー:子供の領分

【アンコール】

ショパン:  雨だれ

只今、三木楽器ハーモニーパーク心斎橋では、ピアノ個人レッスン、世界的に活躍するピアニストによるピアノ特別レッスンの生徒様を募集しております。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。(TEL:06-6251-4595)

 

 

 

 

 

パスカル・ドゥヴァイヨン ピアノリサイタルが開催されました。

2018年5月27日、大阪ザ・フェニックスホールにてパスカル・ドゥヴァイヨンピアノリサイタルが開催されました。

パスカル・ドゥヴァイヨンといえば指導者としても名高く、世界中の若手ピアニストが「レッスンを受けたい先生」として名を挙げる有名ピアニストであります。

もちろんチケットも完売となり、その後もたくさんのお問い合わせを頂きました。皆様、有難う御座いました。心より御礼申し上げます。

満員で迎えたリサイタル当日。パスカルさんの演奏を心待ちにしている観客で会場は埋め尽くされました。

今回のリサイタルでは、演奏前にその曲についての想いやその曲の説明を詳しくお話して下さいましたので、お客様もイメージを持ちながら聴くことが出来たのではないかと思います。大変聴きやすく、贅沢な内容でした。

 

IMG_1471

 

IMG_1560

パスカルさんはフランス語でお話をされており、同じピアニストである奥様が通訳をして下さいました。奥様は舞台上に上がられる事はなかったのですが、モデルのようでとてもお綺麗な方でした。そして息の合ったテンポ感で、会場にいる皆様にわかりやすい様に解説をして下さいました。

IMG_1469

 

IMG_1486

ベートーヴェン「月光」については、ベートーヴェンが‘自分は耳が聞こえない’と分かった年に作られた曲である事や、ショパンの幻想即興曲では、曲調が月光の終楽章に似ていることから真似をしたと思われたくなかった為、ショパンは楽譜にするつもりはなかった事、またバラード第1番ではその時代背景に戦争が起こっていた為、決して明るい曲ではない、その理由などを、パスカルさんでしか語れない貴重なお話をたくさん聞かせて下さいました。

そのお話の後に演奏を聴くと、今までとは違った観点から聴くことができ、とても興味深く勉強になりました。

 

IMG_1615

アンコールが終わっても会場の拍手は続き、何度も舞台に出てお辞儀をされていたパスカルさん。その見事な演奏力とオーラに魅了された素敵なリサイタルとなりました。

最後に、「とても温かいお客様に迎えて頂き幸せでした」とパスカルさん。本当に素敵なお人柄で魅力溢れる偉大な方でした。

 

 

・・・・・・・・program・・・・・・・

モーツァルト : きらきら星変奏曲

ラヴェル : オンディーヌ

ベートーヴェン : ピアノソナタ「月光」

ショパン :  バラード1番

幻想即興曲

アンダンテスピアナータと華麗なる大ポロネーズ

【アンコール】

ラヴェル :  トッカータ

 

只今、三木楽器ハーモニーパーク心斎橋では、ピアノ個人レッスン、世界的に活躍するピアニストによるピアノ特別レッスンの生徒様を募集しております。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。(TEL:06-6251-4595)

山本貴志ピアノリサイタルが開催されました。

第15回ショパン国際ピアノコンクールにて第4位入賞の経歴をもつ若手実力派ピアニスト、山本貴志さんのピアノリサイタルが5月8日大阪ザ・フェニックスホールにて開催されました。

ショパンとラフマニノフの名曲揃いで構成されたプログラムは大変贅沢な内容で、前半はショパン、ノクターン「遺作」から始まりました。序盤の美しく物悲しい旋律が会場全体を包み込み、静けさの中に1音1音とても丁寧で力強く、山本さんの楽曲に対する溢れんばかりの情熱が伝わってきました。IMG_0355

IMG_0300
「舟歌」「英雄ポロネーズ」と華やかな大曲が続き、全身を使って表現する演奏はダイナミックで圧巻の迫力でした。IMG_0301 後半のラフマニノフではさらに大曲が続き、ショパンとはまた違った情熱的な演奏に客席は釘付けになり、怒りや悲しみ、喜びなど全ての感情が解りやすく表現され、山本さんの世界観に溶け込んでしまうほど説得力のある演奏でした。

演奏後のトークではご自身のピアノに対する想いや、演奏する際に何を大切にするのか、など丁寧にお話下さいました。優しい口調で物腰の柔らかい印象の山本さん。アンコールではショパン「ノクターン」を含む2曲を披露して下さいました。

山本さんの素晴らしい演奏と、とても優しいお人柄溢れるリサイタルに観客からの拍手は鳴り止みませんでした。DSCF5136

DSCF5125
・・・・・・・・program・・・・・・・

ショパン
ノクターン 遺作
4つのマズルカ op.41
即興曲第1番
舟歌 op.60
ポロネーズ第6番「英雄」op.53
ラフマニノフ
前奏曲 op.3-2「鐘」
絵画的練習曲集 op.33

≪アンコール≫
ショパン
ノクターンop.9-2
ラフマニノフ
6つの楽興の時16-4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

三木楽器ハーモニーパーク心斎橋では、世界的に活躍するピアニストによるピアノ特別レッスンの生徒様を募集しております。
ご興味のある方は、ぜひご来店またはお電話にてお問い合わせ下さいませ。(TEL:06-6251-4595)