その他の記事一覧|エレクトーンコンサートレポート

パスカル・ドゥヴァイヨン ピアノリサイタルが開催されました。

2018年5月27日、大阪ザ・フェニックスホールにてパスカル・ドゥヴァイヨンピアノリサイタルが開催されました。

パスカル・ドゥヴァイヨンといえば指導者としても名高く、世界中の若手ピアニストが「レッスンを受けたい先生」として名を挙げる有名ピアニストであります。

もちろんチケットも完売となり、その後もたくさんのお問い合わせを頂きました。皆様、有難う御座いました。心より御礼申し上げます。

満員で迎えたリサイタル当日。パスカルさんの演奏を心待ちにしている観客で会場は埋め尽くされました。

今回のリサイタルでは、演奏前にその曲についての想いやその曲の説明を詳しくお話して下さいましたので、お客様もイメージを持ちながら聴くことが出来たのではないかと思います。大変聴きやすく、贅沢な内容でした。

 

IMG_1471

 

IMG_1560

パスカルさんはフランス語でお話をされており、同じピアニストである奥様が通訳をして下さいました。奥様は舞台上に上がられる事はなかったのですが、モデルのようでとてもお綺麗な方でした。そして息の合ったテンポ感で、会場にいる皆様にわかりやすい様に解説をして下さいました。

IMG_1469

 

IMG_1486

ベートーヴェン「月光」については、ベートーヴェンが‘自分は耳が聞こえない’と分かった年に作られた曲である事や、ショパンの幻想即興曲では、曲調が月光の終楽章に似ていることから真似をしたと思われたくなかった為、ショパンは楽譜にするつもりはなかった事、またバラード第1番ではその時代背景に戦争が起こっていた為、決して明るい曲ではない、その理由などを、パスカルさんでしか語れない貴重なお話をたくさん聞かせて下さいました。

そのお話の後に演奏を聴くと、今までとは違った観点から聴くことができ、とても興味深く勉強になりました。

 

IMG_1615

アンコールが終わっても会場の拍手は続き、何度も舞台に出てお辞儀をされていたパスカルさん。その見事な演奏力とオーラに魅了された素敵なリサイタルとなりました。

最後に、「とても温かいお客様に迎えて頂き幸せでした」とパスカルさん。本当に素敵なお人柄で魅力溢れる偉大な方でした。

 

 

・・・・・・・・program・・・・・・・

モーツァルト : きらきら星変奏曲

ラヴェル : オンディーヌ

ベートーヴェン : ピアノソナタ「月光」

ショパン :  バラード1番

幻想即興曲

アンダンテスピアナータと華麗なる大ポロネーズ

【アンコール】

ラヴェル :  トッカータ

 

只今、三木楽器ハーモニーパーク心斎橋では、ピアノ個人レッスン、世界的に活躍するピアニストによるピアノ特別レッスンの生徒様を募集しております。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。(TEL:06-6251-4595)

3/4 MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2018「Duo the Best」レポート

Duo tha best2018再
2018年の三木楽器スペシャルコンサートは、前回のご好評を受けて第2弾!「Duo the Best」です。4人のトッププレイヤーによる本気のデュオ、この日しか観ることが出来ないレアなステージを堪能しました。オリジナル曲をはじめ、映画、クラシック、ロック、ファンク、ボーカルナンバーなど、バラエティーに富んだプログラム。心が温まるシーンあり、笑いあり、会場中がまさに一つになってエレクトーンの世界を楽しみました。終演後には、お客様より「来てよかったです。」とのお声をたくさんいただきました。みなさま、誠にありがとうございました。それでは、これより本コンサートの模様をお伝えいたします。(写真はリハーサル時の撮影です。)

DSC03024
高田和泉「Horizon」「Bon Voyage」「Taiga〜森の鼓動〜」
壮大な自然をイメージしたオリジナル曲と鮮やかなライティング。曲の世界が目の前に浮かんで開放感たっぷり、華やかに幕開けです。
IMG_0929

↓高田和泉×鷹野雅史(Duo)「BIRTH」
高田和泉さんの美しいピアノと鷹野雅史さんの繊細なストリングス、生命の喜びを感じる幸せのDuo、深い感動に包まれました。
DSC03060

↓鷹野雅史
「ゴジラのテーマ/悲劇〜映画『シンゴジラ』より」
「序奏と四つの主題歌〜映画『君の名は。』より」
「威風堂々第1番」
臨場感あふれるサウンドと光の演出、圧巻のステージに引き込まれます。
DSC03140

↓鷹野雅史×富岡ヤスヤ(Duo)「BURN/紫の炎」
ステージアフィル鷹野さんの華麗なフレーズと富岡さんのハードなギター、異色のコラボレーションにボルテージは急上昇、熱いDuoに大きな拍手が贈られました。
DSC03201
↓富岡ヤスヤ「Africa」「Georgia On My Mind」
1曲目はエレクトーン1台と思えない妖艶なサウンドで魅了、打って変って2曲目にはオルガントーンだけで聴かせる渋いボーカルナンバー。広い会場に静けさを感じるほどみなさん聴き入っておられました。
DSC03248
↓富岡ヤスヤ×窪田宏(Duo)
「Change The World」
富岡ヤスヤさんのトリッキーなギターに誘われるように、窪田宏さんが登場すると、会場からは割れんばかりの大拍手。2人の個性が絡み合う大人のDuo、贅沢なステージを満喫しました。
DSC03272

↓窪田宏
「Cantaloupe Island」「Cabin alive」「Slap Rush」
都会的でセクシーな窪田サウンドを存分に味わえるプログラム。「三木楽器スペシャルコンサート開催30回目を記念して、この日の為に書きました。」と、披露して下さった新曲は、窪田さんならではのベースをフューチャリングしたパワフルなナンバー、大興奮のラストとなりました。
DSC03342

↓Enc. 窪田宏×高田和泉(Duo)「Joyful Joyful」
アンコールは窪田さんと高田さんの演奏。ステージ上にはマエストロ鷹野さんとハンドクラッパー となった富岡さん、そして客席のみなさんも全員が一つになって「Joyful Joyful」笑顔のDuoで幕を閉じました。

DSC03398
MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2018
「Duo the Best」
高田和泉
Horizon
Bon Voyage
Taiga〜森の鼓動〜
高田和泉×鷹野雅史(Duo)
BIRTH
鷹野雅史
ゴジラのテーマ/悲劇〜映画『シンゴジラ』より
序奏と四つの主題歌〜映画『君の名は。』より
威風堂々第1番
鷹野雅史×富岡ヤスヤ(Duo)
BURN/紫の炎
富岡ヤスヤ
Africa
Georgia On My Mind
富岡ヤスヤ×窪田宏(Duo)
Change The World
窪田宏
Cantaloupe Island
Cabin alive
Slap Rush
Enc.窪田宏×高田和泉(Duo)
Joyful Joyful

本コンサートの記事が月刊エレクトーン5月号に掲載されています。そちらもぜひ、ご覧下さい。

当ホームページのイベント動画をリニューアルしました。
窪田宏さん、鷹野雅史さん、高田和泉さん、岩内沙織さん、尾野カオルさん、中野正英さんの、これまでのサンケイホールブリーゼでのステージをご覧いただけます。こちらもどうぞお楽しみ下さい。
最新イベント動画 THE MOVIES

MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2017「 Complete Hour」レポート

2017LIVE窪田大+Vo3.ai.ol

2017年3月5日、三木楽器スペシャルコンサート「Complete Hour」が大阪サンケイホールブリーゼにて開催されました。4人のトッププレイヤーによる個性あふれるサウンドと光のSuper Stage。息をつく間もなく、次々と繰り広げられた渾身のパフォーマンスに会場中が一つとなって完成した”Complete Hour” 今回は、女性ボーカルMiyukiさん Eyes’さんも迎えて、華やかなステージとなりました。それでは、これよりコンサートの模様をお届けいたします。(写真はリハーサル時の撮影です。)

CIMG5251

↓オープニングは鷹野雅史さん。ステージアフィルハーモニーのチューニングokポーズで観客を和ませると、FIELD VIEWで華麗なステージの幕開け。幸せをテーマにしたというソナチネより第一楽章、ナポレオンとローマの戦いを描いた荘厳序曲「1812年」よりは、ラストに打ち鳴らされる大砲が息をのむ大迫力。エレクトーン1台とは思えない壮大な世界が目の前に広がりました。そして「威風堂々」より第1番 力がわき上がってくるような演奏と光を受けて、幸福感に包まれました。
CIMG5413
CIMG5494

↓倉沢大樹さん
本場ニューヨークを彷彿とさせるジャズ ウエストサイドストーリー、続くチャップリンのSmileは美しく温かなメロディーに心に灯がともったよう。全曲、本コンサートのための書き下ろしアレンジとのお話にも感激、ラストのキャラバンも熱く、このまま時が止まって…と思う素敵な時間でした。DSCF5844
IMG_0036

↓ハーモニカを吹きながら登場した富岡ヤスヤさん。そのまま大爆笑のメンバー紹介、そして「フォー!ファイブ!」のかけ声がくせにになりそうなPick Up Piecesと、いきなりのハイテンション。途切れることのないパフォーマンスから今度は甘いサウンドのマスカレードへと魅惑的な展開。ボイスパーカッションありラップありと息をつく間もなく、ラストはオリジナルナンバーSword Line 気迫を感じるプレイに客席のボルテージも最高に、興奮のステージでした。
DSCF5822
IMG_0025

↓そそるようなピアノのフレーズ、そしてボーカルのMiyukiさん Eyes’さんのラップに誘われるようにステージに上がった窪田宏さん、駆け巡るビートと閃光にたまらず体が揺れて…RhythmBoxer・Chance・Vocalizeと、オリジナルナンバーにボーカルが加わって、クールかつセクシーな窪田サウンドが炸裂、ため息が出るほどカッコ良い”Complete Hour”のラストとなりました。
CIMG5300
IMG_0039
CIMG5374
アンコールは窪田宏さん Miyukiさん Eyes’さんでのMy House Your House
真っ赤なショルダーキーボードも登場して会場中で大いに盛り上がりました。

■■■MIKI SPOT SPECIAL PRESENTS 2017 「Complete Hour」■■■

鷹野雅史
FIELD VIEW
ソナチネより第一楽章
荘厳序曲「1812年」より/P.I.チャイコフスキー
「威風堂々」より第1番/E.エルガー
倉沢大樹
ウエストサイド・ストーリー/L.バーンスタイン
SMILE/C.チャップリン
caravan/D.エリントン、J.ティゾール
富岡ヤスヤ
Pick Up The Pieces/Average White Band
マスカレード/L.ラッセル
Sword Line
窪田宏 Miyuki( Vo)&Eyes’(Vo)
Rhythm  Boxer
Chance
Vocalize
Enc. My House Your House

本コンサートの記事が月刊エレクトーン5月号(発売中)に掲載されていますので、こちらもぜひお楽しみ下さい。