MIKI PRODUCE*【PREMIUM LIVE 2012 DUO the best Presented by MIKISPOT】|ピアノ教室・エレクトーン教室

2012年3月4日 【PREMIUM LIVE 2012 DUO the best Presented by MIKISPOT】

出演:窪田宏、鷹野雅史、倉沢大樹、安藤禎央 主催:三木楽器  会場:サンケイホールブリーゼ

  • 1
    オープニングからウォーキングベースとアドリブが冴えわたる倉沢。
  • 2
    ザ・窪田ビート、ダンサブルでファンキー!観客も手拍子で融合!
  • 3
    コンダクターMAX鷹野による、STAGEAフィルハーモニーオーケストラ。
  • 4
    さわやかに、メロディアスに届けられた安藤サウンドに会場はうっとり。
  • 5
    アンコールでは、お互いが呼び込みあっての再登場。
  • 6
    圧巻の窪田×倉沢アドリブバトル!会場も釘付け!
  • 7
    「打倒窪田!」と鷹野も激走ウォーキングベースを披露。倉沢のオルガンが応えてジャジーにアドリブ。
  • 8
    安藤と鷹野の想いがひとつになった書き下ろしの共作「FORWARD」。
  • 9
    大トリにふさわしい、会場全体がハッピーなエンディングを迎えた安藤×窪田「Happy Days!」。
 開場ほどなく立ち見が出る超満員、観客のコンサートへの期待がうかがえる。

 ステージは倉沢大樹のラテンジャズビックバンドでスタート。「今回は全曲書き下ろしです」の気合のMCの後、ピアニカフィーチャーのバラード等、観客は上質なジャズに酔いしれる。

 そして窪田宏の登場。ジャズに精通する窪田×倉沢のDuoで「SO WHAT」。フリージャズ的に絡み合うイントロからクラブジャズへとなだれ込み、ふたりのベースでテーマのユニゾン、そしてアドリブのバトルは圧巻だ。

 続いて窪田のダンサブルなステージへ。テクノやファンクが融合したナンバーをはじめ、これぞ窪田!のビートとサウンドに、ド派手な照明も加わり会場は一気にヒートアップ。

 鷹野雅史は、ウィットに効いたMCの後、ストリングスオーケストラで一転鷹野ワールドへと移る。さらに『ハリー・ポッター』『スター・ウォーズ』からのメドレーは映画を2本観たような気分に。

 そして安藤禎央とのDuoへ。鷹野×安藤合作の書き下ろし「FORWARD」には"いろいろなことがあっても前進していこう"というふたりの想いが込められた。脳裏にさまざまな情景が思い浮かぶ、そんな映像的で壮大な楽曲を披露。

 トリの安藤は「サクラ」のさわやかなサウンドと桜の花の照明で、ひと足先に会場へ"春"を届け、エスニックな「風のゆくえ」、震災後の復興への希望も込めた「HOPE」で幕を閉じた。

 …が、ここからが"DUO the best"の真骨頂。アンコールでは"じゃんけん"でDuoパートナーを選出(実は演出<笑>)。勝った倉沢が鷹野と組みビックバンドとオルガンのDuo、窪田×安藤Duoの"初タッグ"はシンセとエレキギターのアドリブ競演を繰り広げて終演した。

 会場全体が4名の"個性"とその"化学反応"で彩られた、正に"DUO the best"を堪能した夜だった。
プログラム
倉沢大樹
  • 1. Yes or no
  • 2. OVER THE RAINBOW
  • 3. Everything's Coming Up Roses
窪田・倉沢Duo
  • 4. SO WHAT
窪田宏
  • 5. Long Keep Paddy
  • 6. High Spirits
  • 7. SPIN KICK
鷹野雅史
  • 8. 「勇気100%」の主題による序奏とフーガ
  • 9. ファンファーレ~ヘドウィグのテーマ
  • 10. スター・ウォーズメドレー
鷹野・安藤Duo
  • 11. FORWARD
安藤禎央
  • 12. サクラ
  • 13. 風のゆくえ
  • 14. HOPE
  • Enc.
鷹野・倉沢Duo
  • 1. ザ・バース・オブ・ア・バンド
窪田・安藤Duo
  • 2. Happy Days!
一覧へ戻る