MIKI PRODUCE*【Love Songs~愛の輪をつなげ】|ピアノ教室・エレクトーン教室

2010年4月11日 【Love Songs~愛の輪をつなげ】

出演: 鳥居達子 田中貴俶美 窪田 宏 安藤禎央 柏木玲子&西本淳(sax) 富岡ヤスヤ&ブレンダ・ヴォーン(vo) 主催: 三木楽器  会場:サンケイホールブリーゼ

毎年恒例、三木楽器主催エレクトーンコンサートは4年振りとなる「Love Songs~愛の輪をつなげ」。
トッププレイヤーによるラブソングの競演の模様をお届けしましょう。

  • 1
    本邦初の生演奏!ニュー・アルバムからの新曲も披露した安藤禎央。
  • 2
    ラブソングス初登場! 地元大阪を中心に活躍している田中貴俶美。
  • 3
    美しい照明とのコラボレーションに目を奪われた、トップバッター鳥居達子。
  • 4
    富岡ヤスヤはブレンダ・ヴォーンとのハートフルな共作を披露した。
  • 5
    毎年新しい窪田宏が聴ける。こんなぜいたくなコンサートはほかにない。
  • 6
    サックスの西本淳と、ゆったりと大人のラブソングを聴かせた柏木玲子。
大阪・西梅田、BREEZÉ TOWER7階の"サンケイホールブリーゼ"。吹き抜けが開放感を生む白いロビー、ひきしまった黒で統一されたホール内……。スタイリッシュな雰囲気に開演前から心が華やぐ。

最初に登場は、昨年CDを発表し飛躍を続ける鳥居達子。CDに収録のさわやかな疾走感溢れる「Bird's -Eye View」は美しい照明とのコラボレーションで魅せ、「It isn't」はもどかしい恋の浮遊感を味わわせた。

初登場の田中貴俶美は大阪の人気デモンストレーター。情熱をたたえた「Apasionada」はスパニッシュギターと足で弾くカスタネットで鋭く切り込む。皆既日食の奇跡から生まれた2曲目は美しい小品……。

目つぶしのブルーライトに窪田宏のシルエットが浮かび上がると、会場の空気がサッと変わる。かけがえのない存在への愛を込めた「OUT OF PITY」に続き、圧巻は書き下ろし「Consideration」。電子音などをからませ斬新なアプローチなのに、リラックスした雰囲気。ここでしか聴けないソロライヴを堪能した。

続く安藤禎央は、メジャーデビューアルバムからの1曲も演奏。ナイーブさとダイナミズムを併せ持つサウンドは、ライヴで聴くとなおさら映える。初めて生で聴いた「祈り」の美しさと慎ましさ……。そして「扉」のきらびやかなフィナーレは、照明ともあいまって、扉の向こうのめくるめく光の世界を見せてくれた。

まずはマイクを取り、観客に話しかけたのは柏木玲子。懐かしいナンバー「いつか風のように」と近年の作品「遠い空に」をサックスの西本淳とアンサンブル。シンプルなメロディーがこんなにも心地よいのは、柏木玲子が醸し出す音楽の魔法にかかったから? 

6番目、最後は富岡ヤスヤとブレンダ・ヴォーンのふたり。言葉を超えた魂の音楽は、大きな愛に包まれて観客のもとへ届く。ヤスヤが曲を作りブレンダが詞を書いた「Just wait awhile」、ふたりの祈りの歌から、見えなかったものも見えてくると教えられた。

アンコールは全員登場し「We Are The World」。ひとりひとりが世界をこうして作っている。そんな一体感を覚えながら、感動の幕を閉じたのだ。
豪華な6組によるプログラム。素敵な照明もあいまって、すべての観客の心にたっぷりと愛が注がれた。

アンコールは観客もオールスタンディング! 歌い、手を振って参加した「We Are The World」。
プログラム
鳥居達子
  • Bird's-Eye view / It isn't
田中貴俶美
  • Apasionada / 太陽と月の微笑み
窪田 宏
  • OUT OF PITY / Consideration
安藤禎央
  • YES!! / Eternal Sea / 祈り / 扉
柏木玲子&西本淳(sax)
  • いつか風のように / 遠い空に
富岡ヤスヤ&ブレンダ・ヴォーン(vo)
  • And Here You Are / Just wait awhile
アンコール
  • We Are The World
一覧へ戻る