MIKI PRODUCE*【Special Live in OSAKA】|ピアノ教室・エレクトーン教室

2007年3月4日 【Special Live in OSAKA】

出演:倉沢大樹 安藤禎央 鷹野雅史 窪田宏 主催:三木楽器  会場:大阪厚生年金会館芸術ホール

4人のトッププレイヤーが作り上げる 感動の時間がそこにある!

コンサートは、演奏者だけが音楽を作り出していくと思ったら、それは間違いだ。会場全体がひとつの宇宙となって、演奏者と観客が空気を作り、音楽はその空気の粒子と敏感に化学反応し、時間の流れとともに作り出されていく。そこに、感動が生まれる。三木楽器が毎年行っている大規模コンサートには、必ず感動が待っているのを観客はよく知っている。だからこそよりよい空気が作られ、素晴らしい化学反応を生む。しかも、この日の出演は今のエレクトーン界のトップに立つ、個性の違う4人のプレイヤーなのだから!

キーボーディスト、作曲家、アレンジャー。ソロ活動から、窪田宏TRIO、KK JAM、TRIXなどのユニットでのライブ活動を行う。ビート感あふれるスリリングなナンバー、独自のサウンドは高く評価されている。

エレクトーンデモンストレーター、名古屋芸術大学客員教授、東京ミュージック&メディアアーツ尚美特別講師。確かな演奏力、幅広いレパートリーと音楽性、エンターテイメントあふれるステージが魅力。特に迫力のワンマン・オーケストラのサウンドは定評がある。

窪田宏と鷹野雅史は、学生時代から先輩後輩の仲。アンコールで鷹野はクラシカルに窪田はジャジーにそれぞれの「アメイジング・グレイス」を演奏、エンディングはふたりの掛け合いで…。

舞台を華やかに盛り上げた照明。スタッフの気合いの入ったプランは、このイベントへの思い入れを感じさせた。▼

 緞帳が下りたステージ、会場が暗くなると拍手が起こる。緞帳が開きまばゆい何本ものスポットライトが倉沢大樹に降りかかり、同時に高速で飛ばすチャーリー・パーカーの「ビリーズ バウンス」! 倉沢は一昨年のブルーノート大阪でこの三木楽器主催のコンサート ・シリーズに初出演したが、厚生年金はこの日が初めて。1000名の観客相手に強烈な先制パンチを浴びせ、2曲目はロマンティックなバラード「That's All」をピアニカで演奏。3曲目、彼にとって特別に思い出深い曲「Night In Tunisia」を、ハイパーなトランペットが歯切れよく爽快に快走するラテンジャズに仕上げた。

 熱気がまだ残るなか、2番手の安藤禎央がエレクトーンへ向かう。爆発音、そして4つ打ちのキックとループするリズム。そこを潜行する低音のメロディー。新曲の「キセキ」… 。歌うメロディーと無機質なリズムが対極のバランスを生む。メロディーは次第に輝きを増し、ついに力強く解き放たれた。刺激的な曲のあとは「You Raise Me Up」。波のように繰り返されるメロディーが集約されていく心地よさ。文句なしに楽しい「YES!!」は、安藤が語ったように「音楽で勇気づけられたら…、元気になってほしい」という"気持ち"の 贈り物だ。

 目がハートになってしまった観客。そこに黒のタキシードという正装で現れた鷹野雅史が、蝶ネクタイを直す仕草で笑いを誘う。空気が一瞬にして"ホッ"とゆるむ。次の瞬間 、きらびやかなファンファーレが鳴り響き「スーパーマンのマーチ」。会場はすっかり鷹野指揮STAGEAポップスオーケストラ色に染まった。ラテンナンバーの「ティコティコ」では、「え?」というようなアレンジが次々と繰り出され楽しい。もう1曲「パイレーツ・オブ ・カリビアン・メドレー」では、ストーリー性あふれるファンタジックで迫力満点のオーケストラサウンドを満喫。ブラボー!

 ここでトリの登場、窪田宏だ。D-DECKに座り1曲目は「The Electric Future」。デビューから彼とともに歩んでいるこの曲は、常に最新サウンドにアレンジされ、いつでも旬の曲。乾いたリズムにオルガンとベースが絡み、ギターのメロディー…。思わず観客からため息がもれる。「3人の演奏を聴いて頑張らなければ、と思った」と語ると、ジャケットを脱ぎ捨て「REAL in'D'」に突入。ピアノのメロディーがスリリングだ。新曲「Funky D Town」は、タイトなキメや分厚いブラスが炸裂するおしゃれでスタイリッシュなナンバー 。集中がとぎれない。最後、今度は靴を脱ぐ。目にもとまらぬキレのいいベースプレイに耳と(前の座席の人は)目を奪われた「Road Star」。このベースを弾けるのは世界でひと り、窪田しかいない!

 鳴りやまないアンコールの拍手に応え、倉沢&安藤の初顔合わせで「マシュ・ケ・ナダ 」。鷹野の演奏から窪田へ、そしてふたりで…と自由な「アメイジング・グレイス」を披露し、今年も感動の嵐のなか、4人のガチンコバトルは終幕した。 (文/編集部) (月刊エレクトーンより)
プログラム
倉沢大樹
  • 1. ビリーズ バウンス
  • 2. That's All
  • 3. Night in Tunisia
安藤禎央
  • 1. キセキ
  • 2. You Raise Me Up
  • 3. YES!!
鷹野雅史
  • 1. スーパーマンのマーチ
  • 2. ティコティコ
  • 3. パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー
窪田宏
  • 1. The Electric Future
  • 2. REAL in'D'
  • 3. Funky D Town
  • 4. Road Star
Enc.
  • 1. マシュ・ケ・ナダ(倉沢&安藤)
  • 2. アメイジング・グレイス(窪田&鷹野)

エレクトーンデモンストレーター。1993年インターナショナルエレクトーンフェスティバルでグランプリを受賞。ジャズ、ラテン、フュージョンを得意とし、その類いまれなる音楽性は聴き手を魅了せずにはおかない。

エレクトーンプレイヤー。セルフプロデュースライヴの開催やCDリリース、番組音楽制作に携わるなど、アグレッシブな活動を見せ、繊細なアレンジと力強いメロディーでコンポーザー、アレンジャーとしての評価も高い。

倉沢大樹と安藤禎央の初めての共演は、アンコール1曲目に実現した。「マシュ・ケ・ナダ」は倉沢が選曲。アンコール用にTシャツに着替えた安藤と倉沢の息の合った演奏に会場も大満足。

写真/宮本正成

一覧へ戻る