MIKI PRODUCE*【Love Songs ~愛の輪をつなげ】|ピアノ教室・エレクトーン教室

2006年3月5日 【Love Songs ~愛の輪をつなげ】

出演:高田和泉 冴咲賢一 加曽利康之 窪田宏 鷹野雅史 安藤禎央 柏木玲子 ゲスト:福井健太  主催:三木楽器  会場:大阪厚生年金会館芸術ホール

7人それぞれが音楽に託した"愛"に酔いしれたひと夜

毎年行われる三木楽器主催のコンサート。今夜は"Love Songs"をテーマに、7人のプレイヤーがさまざまな"愛"を奏でた。

天性のリズム感によるビートあふれるサウンド、心に染みるメロディー、華やかなステージングなどスタイリッシュでマルチな才能を発揮。国内外でソロ演奏からさまざまなジャンルのアーティストとの共演、CDリリースなど幅広く活動中。

クラシックからポピュラーまでオールジャンルをこなし、その魅力的なキャラクターは幅広い層のファンを虜にする。本誌人気コーナー「冴さまの部屋」やステージプロデュースなど、個性派プレイヤーとして活躍の場が広がっ ている。4月22日から5月7日・青山劇場にてミュージカル「Annie」にキーボード演奏で出演。

ポップなメロディーセンスと独創的なアレンジスタイルは、多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。「ワールドゲームス」などの世界的なイベント式典の音楽制作やミュージカルでの演奏活動など、業界内外でも注目を集めている。5月末にはFUNKY FOX STAGEA曲集を発売予定。

ソロ活動からKK JAM、窪田宏TRIOなどのユニットでのライヴ活動、全米CDデビューを含む通算13枚のCDをリリース、高度な音楽センスとテクニックを持つトッププレイヤーとして意欲的な活動を展開中。

 本誌2月号の巻頭特集でご紹介した、7人のプレイヤーがそれぞれの思いをこめた「ラブソング」。誌面では音をお聴かせできないのが本当に残念だが、その模様と会場の空気を少しでも感じてもらえればと思う。

 波の音が流れる中、ひとり目の高田和泉が、春の訪れを感じさせる柔らかな色合いの衣装で登場。彼女の愛する神戸の街をイメージして作られた「WINDSCAPE」の爽快な演奏で、コンサートは幕を開けた。2曲目は、哀しくも美しいメロディーのバラード「In Our Tears」。震災で恩師を亡くすなど哀しい経験もしたが、最後には前を向き"希望"を持とうという思いを託した。

 続いては加曽利康之と冴咲賢一(FUNKY FOX)のふたり。冴咲の書いた珠玉のバラード3曲をメドレーにした「Love…My memories collection」と加曽利の「Starry Night」。来年結成20周年を迎える円熟のユニットによるラブソングは、立体感豊かなサウンドと、このふたりの演奏だから味わえる余裕と安心感、そして、ところどころに潜ませた適度な緊張感に、ロマンティックで心地よい時間が流れてゆく。本当にあっという間の2曲…。

 この三木楽器主催のコンサートの常連、この人なしではこのコンサートシリーズも考えられない窪田宏。出演者のカラーで舞台のセットや照明が凝らされた今年のステージだが、セピア色のニューヨークの風景写真が印象的に浮かび上がり、一気にクールなアーバンジャズのシーンへ転換する。ボーカルとラップをフィーチャーした「KOOL Tune」とミディアムスローの甘くかつスタイリッシュな「Smooth In Love」を続けて演奏。最後は美しいピアノと弦のバラード「Sat'is-fy」。ぐっと引き込まれる集中力の高い演奏。ライヴの醍醐味とはこの瞬間にあるのだ。

 演奏後、鷹野雅史をステージに呼び込んだ窪田は、くだけた笑顔と会話で会場を笑わせる。先輩には頭が上がらないという鷹野のささやかな抵抗も一蹴し(笑)、ブレイクタイム。ほどよく会場もほぐされ、鷹野の演奏へ。

 このコンサートシリーズ初登場にして、この1曲を全力投球で演奏。鷹野のオリジナルの大曲「曼荼羅」だ。熊野古道を描く"自然愛"がテーマの映像的な楽曲は、彼が率いるSTAGEAフィルの壮大なオーケストラサウンドに鳥の声や水の音も紡がれ、いにしえの時空まで観客を誘った。最後は沈黙のフェルマータ…。

 続いてラブソングと聞いて、心に"想い"が広がり、そしてそれが自然と"あふれる"ことを想起したという安藤禎央の演奏。真摯に情緒深く演奏する姿に、観客の想いがあふれ出す。安藤のレパートリーの中でも、とりわけ心を揺さぶられる3曲を演奏。会場内の空気が安藤の色に染まり、誰もがうっとりと安藤ワールドに浸るのがわかる。

 この日のプログラム最後は柏木玲子の登場。彼女にとって曲を書くという行為はラブソング=歌を愛すること。さりげなく心地よい風のような「Afternoon Café」をシンプルにナチュラルに奏でる。それでいて聴く人の深いところへ届くのだから、たいへんな人だ。続くサックスの福井健太とのデュオは2001年9月11日にニューヨークで起こった悲しい出来事に心を痛めて作った「September in Blue」。短調から長調へメロディーとサウンドが移ろいながら、心に突き刺さる"祈り"。世界中の人々が同じように愛し合えるようになる日まで、祈り続けるだけ…。

 アンコールの安藤の「GLORIA - 式典ver.」は、それでも愛を信じよう、そんなエールとなり、帰途へつく観客へのこの夜最後のラブソングとなった。

(文/編集部 月刊エレクトーン5月号より)

プログラム
高田和泉
  • WINDSCAPE/In Our Tears
冴咲賢一
  • Love…My memories collection
加曽利康之
  • Starry Night
窪田宏
  • KOOL Tune/Smooth In Love/Sat'is-fy
鷹野雅史
  • 曼荼羅
安藤禎央
  • I wish.../AYURA/穏やかな夕暮れ
柏木玲子
  • Afternoon Cafe/September in Blue(with 福井健太)
Enc.
  • 安藤禎央 GLORIA -式典ver.

国内外でコンサート、講座などのエレクトーン普及活動を展開。海外では"MAX TAKANO"としても活躍。確かな 演奏力、幅広いレパートリーと音楽性、エンターテイメントあふれるステージは、ファンをひき付けてやまない。

今までに3枚のアルバムをリリース。国内外でのライヴのほか、テレビ・ラジオ・式典・ゲームなどの音楽制作にも携わるなど、幅広く活動している。4月25日には初のリミックスアルバムがリリースされる。

メロディアスで上質な作・編曲センスは高く評価され、ミュージカルでの演奏やTV音楽制作など、多才ぶりを発揮している。また、数々のアーティストとのコラボレーション・ライヴを精力的に行っている。

▲「September in Blue」を、ゲストの福井と共に"祈り"という愛を込めて演奏。

▲鷹野(左)と窪田のトークは、絶妙な掛け合いで、演奏とはひと味違った時間を演出した。

Photo by 田中大造

一覧へ戻る