MIKI PRODUCE*【SPECIAL LIVE IN OSAKA THE

2004年3月7日 【SPECIAL LIVE IN OSAKA THE"4"FOUR】

出演:尾野カオル 安藤禎央 富岡ヤスヤ 窪田宏  主催:三木楽器  会場:大阪厚生年金会館芸術ホール

Photo by 田中大造

 

クール&ワイルドなプレイヤー4人が魅せる!

 三木楽器では毎年トップ・プレイヤーを迎え斬新な企画を打ち出しているが、今回も尾野カオル、安藤禎央、富岡ヤスヤ、窪田宏というクールかつワイルドな男性プレイヤーによる豪華共演が行われた。ファンにとってはたまらない面々、しかももうひとつの見どころはなんといってもニューモデルSTAGEA! その存在感とプレイヤーたちが目指す音楽への期待が高まる中、トップバッター尾野カオルが暗転から登場。STAGEAリミックスヴァージョンとなって生まれ変わった「Cool Vibes」や「Aquarius」「Liquid Sky」など、1stアルバム『WA・ON』より4曲」を演奏。ハウスで都会感あふれる音楽が会場全体に響きわたる。身体でリズムを刻む様子にこちらも自然に揺れ、なんとも心地よい。

 続いて安藤禎央。さわやかに登場するなり女性ファンがときめく様子がうかがえる。安藤もそれに応えるかのような心のこもった音楽を弾きはじめる。途中、1000人を越える観客による「オリエンタ」の振り付けは壮観!
 そして「LAUDA」、2ndアルバム『mind scape<<2』より「HORIZON」などメッセージ性の強い心を打つ音楽に会場も癒される。

 安藤からバトンタッチでベテランの富岡ヤスヤが登場。ロックやソウルフルな音楽もさることながら会場を爆笑の渦に巻き込む話術で一気にテンションが上がる!まさにムードメーカー的存在。STAGEAの機能を生かした「Georgia On My Mind」を弾き語りで披露。歌唱・演奏ともに素晴らしくエンターテイナーな富岡に終始客席から笑みがこぼれるほど。まるでスティーヴィー・ワンダーを見ているよう。

 そしてトッププレイヤー豪華共演のトリを飾るのは窪田宏。通算13枚目のリリースとなるアルバム『KOOL JAMMING』の中から「Chattanooga Choo Choo」「so what」をSTAGEAで初披露!なんとも得した気分だ。2年前のコンサート本番間際にできあがったという「Pressure」は、ふたつのコードから展開していく曲。シンプルな構成ながら飽きさせない説得力ある演奏で客席を圧倒した。
 アンコールでは尾野&安藤、窪田&富岡という普段見られないデュオにお客さんもご満悦!4人の個性がうまく分かれ、なおかつ調和のとれたコンサート。次回の企画が今から楽しみでしょうがない! (文・祇園克己)(月刊エレクトーンより)
尾野カオル
ハウス、クラブジャズ、R&B、ブラジリアン、UKソウルなどをバックグラウンドに持つ。昨年1stアルバム「WA・ON」をリリース、HMV渋谷やJZ Bratでのライヴも行った。
安藤禎央
セルフプロデュースライブ開催。CDリリース、ゲーム・TV番組の音楽製作などアグレッシヴに活動。繊細なアレンジと力強いメロディーでコンポーザー、アレンジャーとしても活躍する。
富岡ヤスヤ
優れた音楽センスと圧倒的なライブパフォーマンスで人気。「史上最強の遊園地DREAM COME TRUE WONDERLAND 2003」への出演、naomi yoshimuraとのコラボレートは記憶に新しい。
窪田宏
窪田宏TrioやKKJAMなどのユニットで精力的にライブを展開。4月7日には通算13枚目となるアルバム「KOOL JAMMING」をリリース、六本木STB139での記念ライブも好評を博した。
プログラム
尾野カオル
  • Cool Vibes、Aquarius、You Never Know、Liquid Sky
安藤禎央
  • LAUDA、、HORIZON
富岡ヤスヤ
  • Smell Yourself、Blues、Georgia On My Mind、Change The World
窪田宏
  • Chattanooga Choo Choo、so what、Pressure
一覧へ戻る