MIKI PRODUCE*【超!!コーフン 超!!爆笑 史上初のエンターテイメント!!】|ピアノ教室・エレクトーン教室

2002年3月5日 【超!!コーフン 超!!爆笑 史上初のエンターテイメント!!】

出演:加曽利康之 冴咲賢一 富岡ヤスヤ 鷹野雅史 尾野カオル 窪田宏  主催:三木楽器  会場:大阪厚生年金会館芸術ホール

豪華6人が大あばれ!ステージで繰り広げられる熱いバトル
SUPER BATTLE FUNKY MOPS vs. FUNKY FOX&COOL MEN


▲サウンドはもちろんビジュアルで魅せるFUNKY FOX、会場も一気にヒートアップする。

▲華やかなサウンド、ファンキーで芯のあるグルーヴが独自の世界を創る。

▲ふたりで歌う「My Love・・・」。新譜に収録されたバラードだ。このあと、ふたりはジャケットを脱ぎ捨て・・・。

▲大阪は大好きな場所と、尾野カオル。ハウスなどクラブ系サウンドを支持するファンも多いのだ。

▲演奏の瞬間の圧倒的な集中力!新曲を2曲披露し、このコンサートに対する意気込みを見せた。

 まず、ゴージャスな出演者に目を見張った読者も多いのでは。3月、大阪ではこのスケールのコンサートが毎年行われている。大阪のエレクトーンファンが「今年はどんなコンサート?」と期待を寄せる三木楽器主催のエレクトーン・コンサート、今年も期待を上回るパワーで観客をわかせた。

 オープニングから幻想的なシンセ・ストリングスにピアノやオルガンがからむゴージャスなサウンド。それとともに目に飛び込んでいたのは、キラキラと輝く衣装と帽子--ご存知FUNKY FOXのふたり! プログレッシヴ・ロックの迫力ある演奏、続けて立ち上がって弾きながらFUNKYに'HIP'っていうのはこういうこと!とハジける。ハードな演奏を終えると床に倒れるふたり。「スピード感をもって、かっこよくかつ笑えるステージにするよ!」と話してくれたとおりの展開だ。3曲目はマイクを持ったふたりがステージの前に進み出て、O3(オゾン)の新譜『Shaba!』から「MyLove...」を歌う。ちょっぴり大人なほろ苦いバラードだ。上着を脱ぎ捨てるパフォーマンスなど、"魅せる"演出に拍手!

 最後の曲を終え、FUNKY FOXがちょっぴり下手な(このなんとなくヘタさ加減が最高!)ブラスバンドサウンドを弾き始める。「おやっ」客席から...モップのようなカツラをかぶったリコーダー・デュオの登場。FUNKY MOPSこと富岡ヤスヤと鷹野雅史のふたりだ。6年ぶりの4人の顔合わせ実現の瞬間。

鷹野「こういうのは、僕のキャラじゃないんです!」
富岡「僕はもう、卒業しました。なのに、鷹野が....」
鷹野「キャラじゃない...(でも、変えてもいいかも)」

 とFUNKY MOPS。富岡の突っ込みに鷹野のボケが炸裂し、ステージは爆笑の連続。本番前に楽屋で猛練習していたリコーダー合奏「コンドルは飛んでゆく」のあと、人気のCM曲「ピクミン」から「アルマゲドン」へと移りゆくクラシカル・アレンジ「ピクマゲドン」(?)。それぞれのソロもバッチリ決めるところはさすが!

 会場がヒートアップしたところで登場したのは、まさに"クールメン"尾野カオル。彼のオリジナルを2曲「ほかの強力な面々に負けないように、勢いのある曲を今日のためのヴァージョンを用意したんです」と話していた尾野、一瞬にして彼のクールな世界が会場に広がる。耳に心地よいブラスやフルート、手ベースによるソロ...。新鮮な音楽空間と、体が自然に反応するグルーヴに酔う。

 コンサートのトリはもちろん、窪田宏だ。毎年欠かせない顔、観客も楽しみにしている演奏...。開演前緊張感を隠せなかった窪田だが、だからこそ1曲目の新曲「PRES'SURE」を弾き終えるや、「よっしゃー」の声が出た。いやー、思わず息をのんだ。すごい! 続けてこれまた新曲「EVER BLUE」。ハイハットのループに、ピアノのジャジーなメロディーは彼にとってのラヴ・ソング...。最後はおなじみの「REAL in 'D'」で会場は最高潮に達した。

 最後の最後はお楽しみ、全員でのアンコール。ダンサブルになごやかに「THAT'S THE WAY」。

 テンポよく一気に走ったステージ。「楽しかったね、また来年!」そんな声が家路につく観客から聞かれたに違いない。そう、また来年!(文・編集部) (月刊エレクトーンより)

▲リコーダーの合奏で「コンドルは飛んでゆく」。このカツラは主催者からの支給品。妙に似合う…。

▲FUNKY FOX VS. FUNKY MOPSの楽しいトーク。本誌カメラマンにもスペシャル・パフォーマンス!

▲エレクトーン、リコーダー、ミニ・トロンボーンと多彩なパフォーマンス。富岡ヤスヤの真骨頂。

▲「ピクマゲドン」をクラシカルに料理した鷹野雅史は、ソロでオリジナル・メドレーを披露。

▲カツラの下は見事なスキンヘッド!手にするのは、ご存じ"ラッパのマーク"の正露丸(笑)。

▲アンコールは全員で「THAT'S THE WAY」。観客も手拍子で応え、なごやかに終幕を迎えた。

Photo by 長谷川 博

プログラム
FUNKY FOX(加曽利康之・冴咲賢一)
  • CHAGING STATES、WHAT IS HIP?、My Love…、明日に架ける橋、ボギー大佐
FUNKY MOPS(富岡ヤスヤ・鷹野雅史)
  • コンドルは飛んでゆく、ピクマゲドン(ピクミン~アルマゲドン)
富岡ヤスヤ
  • M.O.T.T.
鷹野雅史
  • THE MINSTREL BOY ~ TOSS THE FEATHERS
FUNKY MOPS
  • Sesame Street
尾野カオル
  • LIQUID SKY、CONFUSION
窪田宏
  • PRES' SURE、EVER BLUE、REAL in 'D'
アンコール(全員)
  • THAT'S THE WAY
一覧へ戻る