講師海外研修制度

講師海外研修制度

三木楽器では、指導力のあるハイレベルな講師を育成するために、、ヤマハの研修にプラスしてバッハインヴェンション、ソルフェージュなど年間16回の独自の講師研修を実施するなど、様々な研修制度を設けております。

ウィーン・ブダペストへの講師海外研修

講師海外研修では、リスト音楽院でのレッスン見学、ブダペスト国立オペラ座でのオペラ鑑賞やウィーン楽友協会でのコンサート鑑賞とバックステージ見学。また、ウィーン少年合唱団の見学、コダーイ記念館やバルトーク記念館の見学、モーツァルト、シューベルト、ベートーヴェンらウィーンゆかりの音楽家達の足跡を巡るなど、充実した研修内容となっております。

  • リスト記念館

    リスト記念館

  • リスト音楽院でのレッスン見学

    リスト音楽院でのレッスン見学

  • シェーンブルン宮殿コンサート鑑賞

    シェーンブルン宮殿コンサート鑑賞

  • ブラームス像

    ブラームス像

  • モーツァルトハウス(旧フィガロハウス)

    モーツァルトハウス(旧フィガロハウス)

  • 王宮庭園のモーツァルト像

    王宮庭園のモーツァルト像

  • 楽友協会ホールコンサート鑑賞

    楽友協会ホールコンサート鑑賞

  • ウィーン少年合唱団

    ウィーン少年合唱団

  • トレンド・パークホテルにて夕食

    トレンド・パークホテルにて夕食

ホテル日航での講師総会

三木楽器では、所属する講師が一堂に会する講師総会を行っております。

1. 代表取締役社長 挨拶
2. 講師会議連絡
3. セミナー [ 名古屋芸術大学音楽学部准教授・ヤマハエレクトーンプレーヤー 鷹野雅史 ]

名匠によるレクチャーコンサート

三木楽器では定期的にウィーン、パリ、ロンドン、モスクワ、ニューヨークなど海外の音楽院から著名な教授を招き、レクチャーコンサートを実施しています。 名匠たちの解釈によるピアノ演奏や指導に対する考えなどを直に教鞭いただき、高度なテクニックを吸収することを目的としています。

写真:モスクワ音楽院教授 セルゲイ・ドレンスキー「ショパン」レクチャーコンサート